7. 結論

これで完了です!Fastly を使用して静的 Web サイトをキャッシュできるようになりました。早速https://www.tacolabs.com、またはこのチュートリアルのために使用してきたドメイン名にアクセスしてみてください。サイトの読み込みスピードの速さを実感できます。自分自身の努力をほめてあげてください!

このチュートリアルは、多くのことを説明しています。簡単に振り返っていきます。まず、コンテンツ配信ネットワークの基本と、Fastly を使用するメリットについて理解しました。Fastly サービスを作成し、ドメインとオリジンを追加しました。さまざまなキャッシュ設定とログ機能の設定を行い、パージしてキャッシュを無効化する方法を学びました。最後に、Fastly を介して DNS レコードを更新し、TLS を設定する方法を学びました。

これで、Web サイトや Web アプリケーションに Fastly を導入するのに必要なことすべてをご理解いただけたと思います。若干の調整が必要かもしれませんが、このチュートリアルで紹介された手順はあらゆる Web サイトやアプリケーションに適用できます。例えば、client librarypluginを使用して、アプリケーションを設定し、Fastly API と相互作用することができます。セットアップの際は、いつでもこのチュートリアルでご確認ください。Fastlyでビルドを楽しんでください!

次の内容

Fastly のプロダクトと機能について詳しくみていきます。https://docs.fastly.comhttps://developer.fastly.comに関するドキュメントをご覧くださいご質問等がありましたら、サポートチーム (support@fastly.com) までご連絡ください。

もし画像の最適化について関心がある場合は、実際の Web サイトに Fastly IO を設定する手順が詳しく説明されている Fastly イメージオプティマイザーの導入に関するセクションを参照してください。このセクションは、このチュートリアルで紹介されたコンセプトを基に作成されており、本チュートリアルで例として使用した静的 Web サイトの Taco Labs 向けに画像を最適化する手順を詳しく解説しています。



Back to Top