Hear from Slack, the ACLU, TED, & more at our customer summit in San Francisco Register
LOG IN SIGN UP
Documentation

CNAMEレコードの追加

  Last updated April 10, 2017

このガイドでは正しいホストネームを選択し、 DNS プロバイダーに正しい CNAME レコードを設定する手順について説明します。適切な CNAME レコードを選択することは Fastly を リバースプロキシ として利用し、エンドユーザーのトラフィックを Fastly 経由で配信するために必要な最後の作業となります。

作業を始める前に

DNS CNAMEレコードを追加する前に以下の点をご確認下さい。

正しい Fastly ホストネームを選択する

DNS CNAME レコードを正常に更新するためには、正しい Fastly のホストネームを選択する必要があります。利用するホストネームは以下の条件によって異なります:

Fastly ではこれらの要件に基づき、以下のホストネームの利用を推奨します。

TLS を利用しないホストネームとトラフィック制限

TLSをサポートする必要がなく、HTTP(80) のみを受け付ける場合は次のいずれかのホストネームをご利用下さい。

TLS が有効化されたホストネーム

共有証明書または共有ワイルドカード証明書をご利用の場合、以下の HTTP/1.x と HTTP/2 が有効化されたホストネームをご利用下さい。:

証明書オプションをご購入頂いた場合、Fastly のサポートチームが御社のドメインを証明書識別文字(たとえば a, a2, b, c)によって区別される特定の TLS 証明書に追加します。 この証明書識別文字を上記の Fastly ホストネームの先頭に追加したものを CNAME レコードとして追加して下さい。たとえば  a 証明書にドメインが追加され、 Fastly のすべてのグローバルネットワークを利用したい場合に利用すべきホストネームは以下のようになります。

a.shared.global.fastly.net.

お客様専用のホストネーム

お客様証明書ホスティングまたは SNI 証明書ホスティング オプションをご購入の場合、次のフォーマットのお客様専用マップが提供されます:

[name].map.fastly.net.

無料 TLS ワイルドカード証明書

HTTP (ポート 80) および HTTPS (ポート 443) をサポートするために Fastly の無料証明書 をご利用の場合は、以下のホストネームをご利用下さい。:

[name].global.ssl.fastly.net.

DNS プロバイダーでの CNAME レコードの更新

ドメインのための Fastly ホストネームが確認できたら、次にドメインの DNS に CNAME レコードを作成します。CNAME レコードを設定する手順は利用している DNS プロバイダにより異なります。CNAME レコードの作成または更新の手順についてはお使いの DNS プロバイダのドキュメントを参照してください。

独自のDNSサーバを運用しており BIND ゾーンファイルの形式に精通している場合、 CNAME レコードは次のようになります。

www.example.com.    3600    IN    CNAME   nonssl.global.fastly.net.

上記の例では、Fastly は www.example.com. ドメインに適用されており、time-to-live(TTL) は 3600 秒(1時間)が設定されています。レコードのタイプは CNAME で、Fastly ホストネームは nonssl.global.fastly.net. です。 TLS はサポートされておらずトラフィックは世界中の Fastly ネットワークを通じて配信されます。

DNS CNAME レコード更新時のベストプラクティス

CNAME レコードの確認

CNAME レコードを確認するには、ターミナルウィンドウで次のコマンドを実行します。

dig www.example.com +short

次のような内容が出力されるはずです。

nonssl.global.fastly.net.
151.101.117.57

ほとんどの場合、最初に現在の Fastly ホストネームが表示されます。(上記の例では  nonssl.global.fastly.net.) Fastly ホストネームが表示されない、もしくは正しくない Fastly ホストネームが表示される場合、 DNS プロバイダーにて CNAME レコードが正しく設定されていないか、古い CNAME レコードがご利用中の DNS リゾルバにキャッシュされている可能性があります。

OpenDNS Cache Checkwhatsmydns.net などの DNS クエリを行うオンラインツールを利用することで、世界中の異なる DNS リゾルバに返却される DNS レスポンスをテストすることが出来ます。

CNAMEレコードの削除

サービスの無効化サービスの削除またはアカウントのキャンセルを行う場合は、Fastly ホストネームを指定している CNAME レコードの修正または削除を行うことを強く推奨します。手順については DNS プロバイダウェブサイトの指示に従ってください。そうすることで、ドメインの不正使用リスクを最小限に抑えることができます。


Additional resources:


Back to Top