Compute@Edge ログストリーミング: Logentries

Fastly の Compute@Edge サービスのリアル タイム ログ ストリーミング機能では、ログ ファイルを Logentries に送信することができます。リアルタイムのログ管理と分析が可能な Logentries を利用して、Fastly のログをモニタリングすることができます。

ログエンドポイントとして Logentries を追加

すでに Logentries のアカウントをお持ちの場合、または Logentries の Web サイトで Logentries のアカウントに登録する場合、Fastly コントロール パネルで Logentries をログのエンドポイントとして追加することが可能です。

前提条件

  1. Logentries アカウントを登録します。
  2. Logentries の Web サイトの指示に従って Logentries アプリケーションで新しいログを作成します。
  3. 新しいログを作成する際、Manual ConfigurationToken TCP を選択します。
  4. Logentries の設定パネルに表示されたトークンをメモします。Fastly サービスのログエンドポイントとして Logentries を追加する際に、このトークンを使用することをお勧めします。

コントロールパネルでログエンドポイントを作成する

Logentries で新しいログを作成し、トークンを取得したら、以下の手順で Fastly Compute@Edge サービスのログエンドポイントとして Logentries を追加します。

  1. リモートログストリーミングの設定に関するガイドの情報をご参照ください。

  2. Logentries by Rapid7 の Create endpoint ボタンをクリックします。Create a Logentries endpoint ページが表示されます。
  3. 以下の要領で Create a Logentries endpoint ページの各フィールドに入力します。
    • Name フィールドに、Compute@Edge コードに指定した名前を入力します。例えば、Rust コードの例では、名前は my_endpoint_name です。
    • Token フィールドに、Logentries の設定パネルに表示されたトークンを入力します。
    • Region メニューから、ログの送信先の地域を選択します。以前の Logentries アカウントでは、ログ表示 URL がhttps://logentries.com/で始まる場合、EUを選択します。InsightOps アカウントの場合、Rapid7 アカウントのサインアップ時に選択したデータストレージ領域に基づいて、地域を選択します。たとえば、ログ表示 URL がhttps://us2.ops.insight.rapid7.com/である場合、選択された地域はUS-2になります。
  4. Create a Logentries endpoint ページの Advanced options をクリックし、必要に応じてオプションフィールドを変更します。
  5. Create a Logentries endpoint ページの Advanced options で以下のように入力します。
    • TLS メニューから任意で Yes を選択します。
  6. Create ボタンをクリックすると、新しいログエンドポイントが作成されます。
  7. Activate ボタンをクリックして設定変更をデプロイします。

次の手順

Logentries は、カスタム VCL を活用して高度な User-Agent 統計、地域別統計、エラー追跡などを提供する Fastly Community Pack をサポートします。

Back to Top