デフォルトでキャッシュされる HTTP ステータスコード

Fastly は、以下のレスポンスステータスコードをデフォルトでキャッシュします。これらのステータスに加えて、条件およびレスポンスを使用して、他のステータス下のオブジェクトをキャッシュさせることができます。

コード メッセージ
200 OK
203 信頼できない情報
300 複数の選択
301 恒久的に移動した
302 一時的に移動した
404 未検出
410 消滅した

上記以外のステータスコードをキャッシュするには、vcl_fetch にて beresp.cacheable = true; を設定します。それによって、バックエンドの HTTP キャッシュヘッダーやその他のカスタム ttl ロジックに従うように Varnish に伝達します。一般的なパターンでは、以下のように 2XX レスポンスをすべてキャッシュ可能にできるようにします。

1
2
3
4
5
6
7
sub vcl_fetch {
  # ...
  if (beresp.status >= 200 && beresp.status < 300) {
    set beresp.cacheable = true;
  }
  # ...
}
Back to Top