X-Forwarded-For ヘッダーの操作について

X-Forwarded-For HTTP ヘッダーの処理方法は、Settings ページの Requests settings エリアにある Create a new request setting ページで制御できます。X-Forwarded-For メニューから、次のいずれかの動作を選択してください。

  • Append - X-Forwarded-For ヘッダーにクライアント IP を追加します。
  • Append all - クライアント IP(シールドの場合はエッジキャッシュ IP も)を X-Forwarded-For ヘッダーに追加します。 ヘッダーがまだ存在しない場合は、ヘッダーを作成します。
  • Clear - X-Forwarded-For ヘッダーを消去します。
  • Leave - X-Forwarded-For ヘッダーが存在する場合は、ヘッダーをそのままにしておきます。
  • Overwrite - X-Forwarded-For ヘッダーをクライアント IP のみで上書きします。

リクエストとレスポンスについての詳細は、 チュートリアルを参照してください。

Back to Top