API 経由でのパージ

API 経由でパージを行うためのシンタックスについてはAPIドキュメントのPurgingセクションをご参照下さい。

API を使ってパージすると、レスポンスにパージ ID が返されます。例:

1
{"status": "ok", "id": "1234567890"}

パージがうまくいかない場合は、support@fastly.com にパージ ID、パージしようとしているリソース、パージの種類 (API 経由のサロゲートキーによるパージなど) を記載したメールをお送りください。

Back to Top