LOG IN SIGN UP
Documentation

シングルパージ

Fastly では、さまざまなレベルでキャッシュをパージできます。"Purge URL" コマンドを使えば、単一の URL などの小さなキャッシュをパージでき、"Purge All" コマンドを使えば、1つのサービスに含まれる全コンテンツのキャッシュを一気にパージできます。"Purge Key" コマンドを使用する Key ベースのパージでは、選択的にコンテンツをパージできます。さらに、古いコンテンツを Fastly のキャッシュから永久的に削除せずに、期限切れ (失効) コンテンツとしてマークする "Soft Purge" と呼ばれる機能もあります。

Fastly のアプリケーション UI を使ったパージ

Fastly のアプリケーション UI を使用してコンテンツをパージするには、次のステップを実行します。

  1. Fastly アプリケーションにログインします。
  2. Configure ボタン (ウィンドウの最上部にあるレンチ・アイコン) をクリックします。
  3. Service メニューで、処理を行いたい Service を選択します。
  4. Purge をクリックして、該当するパージのタイプを選択します。

    the purge menu selections

  5. 表示されるウィンドウ (下図) に、コンテンツをパージするための情報を入力して、Purge または Purge All ボタンをクリックします。

例: URL のパージ

単一の URL をパージするには、Domain メニューから、対象の URL に含まれるドメインを選択します。次に、Path フィールドにコンテンツへのパスを入力します。例えば、https://docs.fastly.com/example.jpg をパージする場合は、メニューから docs.fastly.com を選択し、path に /example.jpg と入力します。

a purge by url

例: Key を使ったパージ

Key ベースのパージでは、お客様のコンテンツと一緒に、特殊な Surrogate-Key ヘッダを含めることが出来ます。Fastly はこの特殊なヘッダを抜き取ることで、コンテンツを index します。この仕組によって、Surrogate-Key 指定による選択的なキャッシュのパージが可能になります。さらに、複数のアイテムを同一の Key に紐付けることで、パージ階層を自由に構築する便利な使い方も可能です。

特定の Key でコンテンツをパージするには、Key フィールドに Key を入力します。

A purge by key

例えば、レスポンスを foobar という Key に紐付けるには、下記のヘッダを送信します:

Surrogate-Key: foo bar

お客様のサーバが送信する Key はシンプルなものから、複雑なものまで自由ですが、下記の点に注意してください:

例: すべてのコンテンツをパージする

Service に含まれるすべてのコンテンツを即座にパージするには、"Purge All" オプションを選択します。このオプションは、Service が管理する全てのドメインのキャッシュ済みコンテンツをクリアします。また、このオプションを選択すると、パージの実行を確認するウィンドウが表示されます。

the Purge All confirmation

API を使ったパージ

API を使ったパージに関する情報は API ドキュメントの Purging セクション に掲載されています。


Translations available [EN] English

翻訳についての注意事項