入門
基礎
ドメインと起源
性能

構成
ヘッダー
反応
性能
パージ
カスタムVCL
画像の最適化
ビデオ

セキュリティ
Access control lists
モニタリングとテスト
セキュアな通信
TLS
Web アプリケーションファイアウォール (WAF)

診断
ログのストリーム配信
デバッグ手法
一般的なエラー

アカウント情報
課金

    Access Control List (ACL) の作成

      Last updated January 16, 2019

    Varnish では、 Access Control List (ACL) を利用することができます。 この機能を利用することによって、 クライアントの IP アドレスを定義された IP アドレスのリストに対して素早く照合させることが出来ます。ACL の例を以下に示します。

    1
    2
    3
    4
    5
    6
    
    # Who is allowed access ...
    acl local {
      "localhost";
      "192.0.2.0"/24; /* and everyone on the local network */
      ! "192.0.2.1"/24; /* except for the dial-in router */
    }
    

    ACL を定義する

    ACL を使用するにはカスタム VCL を利用します。次の手順で Fastly のボイラープレート VCL に ACL を追加して下さい。

    1. Fastly VCL とカスタム VCL の混在とマッチング方法を参照してください。
    2. ACL の定義を適切な場所に記載したカスタム VCL を作成して下さい。ACL は以下の例を参考にして下さい。定義した ACL は設定の (vcl_recv) 配下で参照することが出来ます。カスタム VCL では#FASTLY recv の前または後ろに記載します。記載場所は Varnish が処理を実行する順番に影響します。

      1
      2
      3
      4
      5
      6
      7
      8
      9
      10
      11
      12
      13
      14
      15
      16
      
       # If you are using the "include" keyword
       include "myACL1.vcl";
      
       # And/or if you are using an actual ACL block
       acl local {
         "localhost";
         "192.0.2.0"/24; /* and everyone on the local network */
         ! "192.0.2.1"/24; /* except for the dial-in router */
       }
      
       sub vcl_recv {
         # block any requests to Admin pages not from local IPs
         if (req.url ~ "^/admin" && req.http.Fastly-Client-IP !~ local) {
           error 403 "Forbidden";
         }
       }
      
    3. ご利用のサービスの Varnish Configuration エリアにファイルをアップロードします。
    Back to Top