コンテンツとその配信

Fastly が配信するコンテンツタイプ

World Wide Web では、コンテンツのフォーマットや送信方法を定義するために、HTTP (ハイパーテキスト転送プロトコル) という基礎的なプロトコルが使用されます。Fastly の CDN サービスは、以下を含むすべての HTTP ベースのファイルコンテンツ (例:HTML、GIF、JPEG、PNG、JavaScript、CSS) を配信します。

  • 静的コンテンツ
  • 動的コンテンツ
  • ビデオコンテンツ

各コンテンツタイプについて以下で説明します。

静的コンテンツ

静的コンテンツには、内容が変わることがほとんどないコンテンツが含まれます。Fastly では、静的コンテンツを制御に2通りの方法があります。

  • TTL (有効期間) の期限が切れた後に Fastly のキャッシュがコンテンツを再検証する TTL 方式。または、
  • Fastly のインスタントパージ機能を使用し、コンテンツを無効にするパージリクエストをキャッシュが受け取るまで、コンテンツを有効に保つ方法。

静的コンテンツの例としては、画像、CSS、JavaScript ファイルなどがあります。

動的コンテンツ

動的コンテンツとは、予測できない間隔で変化する、短期間キャッシュ可能なコンテンツです。動的コンテンツは Fastly のインスタントパージ機能を利用して配信します。この機能を使用することで、キャッシュがコンテンツを無効にするパージリクエストを受信するまで動的コンテンツは有効になります。Fastly では、パージリクエストの頻度が予測できないことを理解しています。ソースアプリケーションがコンテンツを最新に保つために高速かつ連続してパージ要求を発行すると、動的コンテンツが頻繁に変更される可能性があります。ただし、変更が要求されずに長期間有効なままの動的コンテンツもあります。

動的コンテンツの例としては、スポーツ試合の得点経過、天気予報、ニュース速報、ユーザー生成コンテンツ、商品の在庫などがあります。

ビデオコンテンツ

ビデオコンテンツには以下のようなものがあります。

  • ライブビデオストリーム
  • ビデオオンデマンド (VOD) コンテンツライブラリ

ビデオコンテンツは標準の HTTP リクエストを使用して配信できます。具体的には、HTTP ライブストリーミング (HLS)、HTTP 動的ストリーミング (HDS)、HTTP スムーズストリーミング (HSS)、MPEG-DASH などの HTTP ストリーミング標準をサポートします。Fastly の CDN サービスがビデオを配信するには、ビデオをパッケージ化する必要があります。

Fastly がサポートするコンテンツソース

Fastly キャッシュは、多岐にわたるソースから各種タイプのコンテンツを配信します。サポートされているソースには以下のようなものがあります。

  • Web サイト
  • インターネット API
  • インターネットアプリケーション
  • ライブビデオとライブリニアビデオ
  • ビデオオンデマンド (VOD) ライブラリ

コンテンツのソースに関わらず、コンテンツのソースサーバーは HTTP で通信する必要があります。HTTP は、コンテンツに対して実行したい動作を示す「メソッド」の種類を定義します。これらの HTTP メソッド (標準的な主要メソッドである GET、POST、PUT、DELETE) がどのように使用されるかによって、RESTful としてラベル付けされるかどうかが決まります。Fastly は、デフォルトで RESTful HTTP をサポートしていますが、使用された方法が適切なキャッシュ機能にマッピングされていれば、非 RESTful HTTP の使用にも対応します。Fastly がサポートする各コンテンツソースについては、以下で詳しく説明します。

Web サイト

Web サイトとは、エンドユーザーがコンテンツを要求すると、ブラウザアプリケーション (Google Chrome、Apple の Safari、Microsoft の Internet Explorer、Opera Software の Opera など) にそのコンテンツを提供するサーバーです。コンテンツには、要求されたデータと、そのデータをエンドユーザーに視覚的に見せるためにブラウザが必要とするフォーマットや表示情報の両方が含まれています。

CDN サービスを利用しない場合、ブラウザは要求したデータにアクセスできるオリジンサーバーに対して、ユニフォーム・リソース・ロケーター (URL) でデータを特定する HTTP GET リクエストを送信してデータを要求します。サーバーはデータを取得し、HTTP レスポンスを作成して要求元に送信します。しかし、CDN サービスを利用する場合は、利用者がデータに対するすべてのリクエストを CDN にリダイレクトするように設定するため、HTTP リクエストはオリジンサーバーではなく CDN に送られます。これを行うには、利用者がオリジンサーバーの CNAME またはエイリアスを追加して、代わりに Fastly を指すようにします。

インターネット API

アプリケーション・プログラム・インターフェイス (API) は、プログラムが外部とどのように対話するかを正確に定義する言語とメッセージフォーマットを提供します。API は HTTP サーバー上で運用されます。Web サイトからのレスポンスとは異なり、API のコンテンツには、リクエストされたデータとそのデータの識別情報のみが含まれます。フォーマットや表示に関する情報は含まれません。通常 API で得られたコンテンツは、別のコンピューティング処理への入力となります。データをエンドユーザーに視覚的に表示する必要がある場合は、代わりにデバイスアプリケーション (iPad、Android デバイス、iPhone の天気アプリなど) がデータを表示します。

従来型インターネットアプリケーション

従来型インターネットアプリケーションとは、当初インターネット上でのアクセス向けに開発されたものではないアプリケーションを指します。これらのアプリケーションは、非 RESTful な方法で HTTP を利用する可能性があります。これらはキャッシュを使わず段階的に高速化することができますが、エッジの Fastly POP と シールド POP 間およびオリジンへのシールド POP 間で実行される TCP スタックの最適化からのみメリットがもたらされます。その後、ユーザーが経験した最大の遅延部分を徐々にキャッシュと置き換えることで有効化できます。

ライブビデオとライブリニアストリームおよびビデオのオンデマンドライブラリ

ライブビデオとライブリニアビデオのコンテンツ (テレビ放送など) は、一般的に情報の「ストリーム」としてユーザーに配信されます。ユーザーは指定された放送時間に視聴することができます。一方、ビデオオンデマンド (VOD) では、エンドユーザーが特定の放送時間に視聴する必要がなく、好きな時間に映像コンテンツを選択して視聴することができます。

エンドユーザーが視聴する映像コンテンツの種類に関わらず、ビデオプレイヤーはコンテンツ全体の転送が完了する前に再生を開始することができます。エンドユーザーはウェブブラウザの一部として組み込まれたビデオ・プレイヤー・アプリケーションからの HTTP リクエストを介して、お客様のサーバー上にあるビデオコンテンツにアクセスします。他の Web サイトのコンテンツとは異なり、このコンテンツにはフォーマット情報や表示情報が含まれません。代わりにビデオプレイヤーがフォーマットと表示を処理します。

ビデオコンテンツがリクエストされると、お客様のサーバーは、プレーヤーがエンドユーザーに動画を適切に描画するために必要なマニフェストファイルとともに、コンテンツを事前にパッケージ化された一連のファイルチャンクとして送信します。マニフェストには、各ファイルチャンクの名前が記載されています。ビデオ・プレイヤー・アプリケーションはまず、リクエストするビデオコンテンツのチャンク名を知るために、マニフェストファイルを受信する必要があります。

ここでいう「事前パッケージ化」とは、ビデオコンテンツを受信し、指定した寸法と伝送速度で表示するためにストリームをセグメント (チャンク) に変換またはトランスコードし、ユーザーが表示したいライブビデオのセグメントをビデオプレイヤーが識別して要求できるようにパッケージ化する処理を指します。

お客様のアカウントでビデオ配信をご希望の場合は、Fastly のアカウント担当者 (sales@fastly.com) までご連絡ください。

Back to Top