設定ストアの操作

設定ストアはバージョンレスコンテナの一種で、頻繁に使用されるデータをエッジからの読み込みが可能なキーと値のペアとして保存し、お客様のアカウントの複数の Compute サービスで共有できるようにします。

また、API 経由で設定ストアの作成と操作も可能です。

前提条件

設定ストアは、Fastly の Compute サービスでのみご利用いただけます。配信サービス (VCL ベース) ではご利用いただけません。

制約と考慮事項

設定ストアの作成または変更を行う場合、以下の点に留意してください。

  • 設定ストアはコンピューティングサービスでのみ使用することができ、VCL ベースの配信サービスでは使用できません。
  • Compute のトライアルでは、最大100エントリーまで可能な設定ストアを1つ使用できます。
  • 有料アカウントには、少なくとも5つの設定ストアが含まれます (各ストアにつき最大500エントリー)。
  • 設定ストアのキーは256文字まで、値は8,000文字までに制限されています。
  • 設定ストアとキーの名前、値は大文字と小文字が区別されます。
警告

個人情報、シークレット、機密性の高いデータなどを設定ストアに保存したり、エッジロジックに使用しないようにしてください。また、設定ストアのバージョン履歴は維持されません。Compliance and Law FAQ に、Fastly による個人情報の保護について詳しく記載されています。

設定ストアの作成

設定ストアを作成するには、サービスに関連付ける前に、少なくとも1つのキーと値のペアを作成する必要があります。新しい設定ストアとそのキー/値ペアを作成するには、以下の手順に従ってください。

  1. Fastly コントロールパネルにログインし、Resources リンクをクリックします。
  2. Create a config store をクリックします。
  3. Name of config store フィールドに、設定ストアの名前を入力し、Add をクリックします。
  4. Key-value pairs リンクをクリックします。
  5. Add item をクリックします。
  6. 適切な列にキーと値を入力し、Add をクリックします。
  7. 必要に応じて、キーと値のペアを追加し続けます。

設定ストアをサービスにリンクする

少なくとも1つのキーと値のペアを設定ストアに追加したら、Resources タブまたは任意のサービスの Service configuration タブから設定ストアをサービスにリンクすることができます。

Resources タブから設定ストアをリンクする

以下の手順に従って、Resources タブから設定ストアをサービスにリンクできます。

  1. Fastly コントロールパネルにログインし、Resources リンクをクリックします。
  2. リンクするストアの右側にある Link to services をクリックします。

  3. 設定ストアをリンクするサービスの横にあるチェックボックスを選択します。

  4. Next をクリックします。

  5. どのサービスのバージョンにリンクするかを決定します。デフォルトでシステムは、最も間近に有効化されたサービスバージョンをクローンすると想定します。サービスの既存のドラフトバージョンを選択する場合は、Version メニューからそのバージョンを選択します。

  6. ストアをサービスにリンクするには、以下のオプションのいずれかを選択します。

    • Link only: 選択したサービスバージョンにストアがリンクされますが、クローンまたはドラフトバージョンは有効化されていない状態に維持され、後で有効化することができます。
    • Link and activate: 選択したサービスバージョンにストアがリンクされ、同時にそれらのバージョンが有効化されます。

    設定ストアがサービスにリンクされると、正常にリンクされたことを示すメッセージが表示されます。

  7. 最後に、以下のいずれかの操作を行います。

    • Activate versions をクリックして、設定ストアにリンクされているサービスのクローンまたはドラフトバージョンを有効化します。
    • Finish をクリックして、サービスのクローンまたはドラフトバージョンを有効化せず、追加の設定変更を行ってから有効化できるようにします。

    エッジロジックで設定ストアへの参照をすぐに開始できます。

Service configuration タブから設定ストアをリンクする

以下の手順に従って、Service configuration タブから設定ストアをサービスにリンクできます。

  1. Fastly コントロールパネルにログインします。
  2. Home ページから、適切なサービスを選択します。検索ボックスで ID、名称、ドメインによる検索が行えます。
  3. サイドバーの Resources オプションから、Config stores をクリックします。
  4. Link Config Store to service メニューから、サービスにリンクする設定ストアを選択します。設定ストアがサービスにリンクされると、正常にリンクされたことを示すメッセージが表示されます。

リンクが完了すると、エッジロジックで設定ストアの参照をすぐに開始できる状態になるので、準備ができ次第、サービスを有効化できます。

設定ストアのリンクを解除する

Service configuration タブで、サービスから設定ストアのリンクを解除することができます。

以下の手順に従って、設定ストアのリンクを解除できます。

  1. Fastly コントロールパネルにログインします。
  2. Home ページから、適切なサービスを選択します。検索ボックスで ID、名称、ドメインによる検索が行えます。
  3. サイドバーの Resources オプションから、Config stores をクリックします。
  4. サービスへのリンクを解除する設定ストアの横にある Unlink from service をクリックします。
  5. Confirm and unlink (確定してリンクを解除) をクリックします。サービスの新しいドラフトバージョンが作成されます。
  6. サービスを有効にして、設定ストアのリンク解除を完了します。

設定ストアの編集

設定ストアの名前と、ストア内のキーと値のペアを編集することができます。

以下の手順に従って、設定ストアの名前を変更できます。

  1. Fastly コントロールパネルにログインし、Resources リンクをクリックします。
  2. 名前を変更するストアの右側にある鉛筆アイコンをクリックします。
  3. 設定ストアの新しい名前を入力します。
  4. SaveConfirm and rename の順にクリックして続行します。
ヒント

ストアの新しい名前を使用して関連するカスタムロジックを必ず更新してください。

以下の手順に従って、新しいキーと値のペアを設定ストアに追加できます。

  1. Fastly コントロールパネルにログインし、Resources リンクをクリックします。
  2. Key-value pairs セクションを展開します。
  3. Key-value pairs の下にある、Add item をクリックします。
  4. 適切な列にキーと値を入力し、Add をクリックします。
  5. この操作を繰り返してキーと値のペアを追加できます。

以下の手順に従って、設定ストア内のキーと値のペアを編集できます。

  1. Fastly コントロールパネルにログインし、Resources リンクをクリックします。
  2. Key-value pairs セクションを展開します。
  3. 編集するエントリにカーソルを合わせ、Edit をクリックします。
  4. 必要に応じてキーや値を編集します。
  5. Save をクリックします。

設定ストアに関連付けられたデプロイ済みのサービスバージョンを含め、変更がすぐに設定に適用されます。

設定ストアの削除

設定ストアはいつでも削除することができます。設定ストアを削除する場合は、すべてのサービスへのリンクを解除しないとエラーが表示されます。

設定ストアを削除すると、ストア内のすべてのキーと値のペアも削除されます。これらのキーを参照するカスタムロジックがある場合は、ストアを削除する前にそれらを更新してください。

以下の手順で、設定ストアを削除できます。

  1. Fastly コントロールパネルにログインし、Resources リンクをクリックします。
  2. 削除したいストアの右側にあるゴミ箱をクリックします。
  3. Confirm and Delete をクリックします。

翻訳についての注意事項
このガイドは役に立ちましたか?

このフォームを使用して機密性の高い情報を送信しないでください。サポートが必要な場合は、サポートチームまでご連絡ください。このフォームは reCAPTCHA によって保護されており、Google のプライバシーポリシー利用規約が適用されます。