Stats ページ

Stats ページのコントロールパネルでは、サービスのリアルタイム分析をモニタリングし、履歴的なキャッシング統計を閲覧することができます。

設定前の注意点

コントロールパネルにアクセスする方法を理解してから、各ページを確認してください。

Stats ページ

Stats ページでは、次のものにアクセスすることができます:

  • サービスのキャッシュアクティビティをモニタリングする、リアルタイム統計情報
  • サイトの統計情報から導き出された過去の統計情報を表示する履歴統計情報

表示される正確なグラフは、アクセス権限、作成するサービスの種類、購入した他の製品および機能によって異なります。次に、別の統計グラフとナビゲーションが表示されます:

Stats ページのデータはまた、サービスが Fastly にとって意味のある情報を表示するのに十分なリクエストを受信していない場合、一部のユーザーにはグレーか空白として表示され、コントロールに情報が表示されません。

Stats グラフの活用

Real-time Stats と Historical Stats グラフで以下の操作が可能となります。

特定のデータセンターに表示されるデータを制限する

デフォルトでは、リアルタイムグラフは、すべてのデータセンターからのデータが表示されます。単一かつ特定のデータセンターからのデータを表示するには、All datacenters メニューから選択してください。

スムーズスクロールの無効化

Real-time グラフは継続的に更新されます。ただし、グラフを長時間開いたままにすると、CPU 使用率が高くなることがあります。パフォーマンスを向上させるために、Smooth scrolling のチェックボックスを解除することができます。ただし、このチェックボックスの選択を解除すると、グラフのアニメーションはスムーズに行われない可能性があります。

リアルタイム統計のタイムスタンプインジケーターの表示

グラフにカーソルを置くと、マウスの動きに合わせて更新されるタイムスタンプインジケーターが表示されます。

グラフのタイムスタンプのホバーアニメーション

平均値の非表示と表示

グラフによって、データの平均値を示す破線が表示されます。平均線を非表示にするには、Mean のチェックボックスの選択を解除します。

平均グラフ線

グラフ表示の拡大・縮小

グラフの右端にある4つの矢印が書かれたボタンをクリックすると、グラフの一部を拡大および縮小、または特別な表示機能を利用することができます。特別な表示機能には、以下が含まれます:

  • Global POP Traffic のヒートマップではグラフの拡大のほか、POP が現在処理している1秒ごとのリクエスト、リクエストのエラー率、POP の帯域情報など、各 POP でのトラフィック状況を継続的に更新して表示します。
  • Requests、Errors、Hit Ratio のグラフは、グラフの拡大のほか、もともと大きく表示されている Bandwidth と Origin Latency グラフと並んで同様に拡大して表示されます。
  • Origin Latency グラフには、右上に小さなギアアイコンがあり、グラフに表示される間隔の制限を、デフォルトの15秒間隔から別の時間枠に変更することができます。

サービスバージョンの有効化の表示

サービスバージョンの有効化は、グラフ上に縦のラインとして表示されます。線にマウスオーバーすると、サービスのバージョン番号と有効化のタイムスタンプが表示されます。

バージョン有効化インジケーターの統計ホバー

統計履歴データの表示日を変更する

統計履歴日付範囲の表示をコントロールできます。表示されているすべてのグラフについて、以下の内容を変更することができます:

  • グラフが表示する正確なデータの期間 (ローカル日時)
  • 表示されているデータのサンプリング頻度
  • 全世界または特定の地域のデータをグラフで表示
  • 統計値の表示方法

ただし、終了していない期間中は、データはまだ表示されませんので注意してください。1日ごとに集計されたデータは、UTC 日を基準に収集され、各日のデータは翌日の午前2時頃に利用可能になります。時間ごとに集計されたデータは、各時間帯の終了から約15分後に公開することができます。分単位で集計されたデータは、通常、分単位の終了から2分後に利用可能になりますが、最大で15分かかる場合もあります。収集された時間範囲の最新データがまだ集計されていない場合、グラフの表示された時間範囲の最後にトラフィックの低下が見られます。ユースケースがリアルタイムに近いデータを必要としている場合は、リアルタイム統計を使用することを検討してください。

過去のグラフに表示する統計値の変更

過去のグラフに表示される統計値は、Average (平均値)、95th Percentile (95パーセンタイル)、Minimum (最小値)、Maximum (最大値)、Total (合計値) のいずれかに変更できます。Average に設定すると、グラフには平均値 (中間値) が破線で表示されます。

すべての過去のグラフに表示される統計情報を変更するには、以下のように右上の Display メニューをクリックします。

すべてのグラフに表示される統計情報の種類を Display メニューでコントロールする

それぞれのグラフの統計情報の表示を変更するには、以下のようにグラフ名の下にあるメニューをクリックします。

1つのグラフに表示する統計情報の種類をコントロールする

また、一部のグラフでは、特定のデータを完全に除外することもできます。例えば、Status 3xx Details グラフでは、特定の 3XX エラー (301、302など) の横にあるShowHide、または色のアイコンをクリックすると、それぞれのエラータイプを表示または非表示にすることができます。

301 と 304 でフィルタされた Status 3XX Details のグラフ

今後の予定

サービスの設定を開始する前に、コントロールパネルの機能のすべての領域について詳細をご確認ください。

Back to Top