Amazon S3 オリジンに対する Surrogate-Key ヘッダーの設定

サロゲートキーでコンテンツをマークし、全コンテンツをパージすることなく一度に特定の URL のグループをパージしたり、単独で各 URL をパージすることができます。Amazon S3 サイドで x-amz-meta-surrogate-key ヘッダーを使用してコンテンツを適切にマークし、Fastly サイドで S3 の情報が Fastly によって使用されるヘッダーに変換されるようヘッダーを設定します。

以下の手順で Amazon S3 オリジンサーバーに対する Surrogate-Key ヘッダーを設定します。

  1. Fastly コントロールパネルにログインします。
  2. All services ページから、該当するサービスを選択します。検索ボックスを使用して ID、名前、またはドメインで検索することができます。
  3. Edit configuration ボタンをクリックし、アクティブなバージョンをクローンするオプションを選択します。ドメインページが表示されます。
  4. Content をクリックします。Content ページが表示されます。
  5. Create header ボタンをクリックします。Create a header ページが表示されます。

    サロゲートキー情報が記入された Header ウィンドウ

  6. 以下の要領で Create a header ページの各フィールドに入力します。
    • Name フィールドに分かりやすいヘッダー名を入力します。この名前は Fastly コントロールパネルに表示されます。
    • Type メニューから Cache を選択し、Action メニューから Set を選択します。
    • Destination フィールドに http.Surrogate-Key と入力します。
    • Source フィールドに beresp.http.x-amz-meta-surrogate-key と入力します。
    • Ignore if set メニューから No を選択します。
    • Priority フィールドに 10 を入力します。
  7. Create ボタンをクリックすると、ヘッダーが作成されます。
  8. Activate ボタンをクリックして設定変更をデプロイします。
Back to Top