API を利用した URL パージリクエストの認証

Fastly のパージ機能では、Web サイトの個別の URL をパージすることができます。デフォルトでは、Fastly API を利用して URL をパージする際に認証は要求されませんが、ヘッダーを追加するか、カスタム VCL を使用することで、Fastly コントロールパネルから API トークン認証を有効にすることができます。

制約と考慮事項

このガイドで概説されているソリューションは、URL パージリクエストで認証を必要とするすべてのサービスに実装する必要があります。アカウントレベルでパージ認証を有効にするには、support@fastly.com までお問い合わせください。

Fastly コントロールパネルで認証を有効にする

URL パージリクエストの API トークン認証を有効にするには、Fastly コントロールパネルでヘッダーを追加し、オプションで条件を付加します。

ヘッダーの追加

  1. Fastly コントロールパネルにログインします。
  2. Home ページから、適切なサービスを選択します。検索ボックスを使用すると、ID、名称、ドメインでの検索が行えます。
  3. Edit configuration ボタンをクリックし、アクティブなバージョンをクローンするオプションを選択します。ドメインページが表示されます。
  4. Content をクリックします。Content ページが表示されます。
  5. Create header ボタンをクリックしてください。Create a header 設定画面が開きます。

    ヘッダーウィンドウを作成する

  6. 以下のように、Create a header ウィンドウの各フィールドに入力します。
    • Name フィールドには、ヘッダールール名を入力します (例:Fastly Purge)。
    • Type メニューから Request を選択し、Action メニューから Set を選択します。
    • Destination フィールドに http.Fastly-Purge-Requires-Auth と入力します。
    • Source フィールドに "1" と入力します。
    • Ignore if set メニューから No を選択します。
    • Priority フィールドに 10 を入力します。
  7. Create ボタンをクリックします。

条件の追加

オプションで以下の条件を追加することができます。条件を指定しない場合、作成したヘッダーがすべてのリクエストに追加されます。次の条件を指定することで、ヘッダーはパージリクエストのみに追加されます。

  1. Content ページでは、作成した新規ヘッダーの右側にある Attach a condition リンクをクリックします。Create a new request condition 設定画面が表示されます。

    新しいリクエスト条件ウィンドウを作成する

  2. Create a new request condition フィールドに以下のように入力します:
    • Name フィールドに、新しい条件を説明する名前を入力します (例:Purge)。
    • Apply if フィールドに、req.request == "FASTLYPURGE" と入力します。
  3. Save and apply to ボタンをクリックします。
  4. Activate ボタンをクリックして設定変更をデプロイします。

VCL スニペットによる認証の有効化

また、VCL スニペットを使用して URLパージに APIトークン認証を有効にすることもできます。Fastly-Purge-Requires-Authヘッダーの設定に関する詳細については、開発者ドキュメントをご覧ください。

API トークンによる URL のパージ

URL パージリクエストの API トークン認証を有効にした後、URL パージ API リクエスト API トークンを提供する必要があります。

1
$ curl -X PURGE -H Fastly-Key:FASTLY_API_TOKEN https://www.example.com/

この場合、以下のようなレスポンスが返されます。

1
{"status": "ok", "id": "1234567890"}
Back to Top