キーによるパージ

Fastly では、さまざまなレベルでキャッシュをパージできます。「Purge URL」コマンドを使えば、単一の URL などの小規模なデータをパージできます。「Purge all」コマンドを使えば、1つのサービスに含まれる全コンテンツを一気にパージできます。またキーベースのパージである「Purge Key」コマンドを使用すると、選択的にコンテンツをパージできます。また、ソフトパージと呼ばれるパージ機能があり、古い (失効済み) コンテンツを Fastly のキャッシュから完全に削除せずに、期限切れとしてマークすることができます。

キーによるパージ

コンテンツをサロゲートキーでパージするには、以下の手順にしたがってください。

  1. Fastly コントロールパネルにログインします。
  2. All services ページから、該当するサービスを選択します。検索ボックスを使用して ID、名前、またはドメインで検索することができます。
  3. Purge メニューから Purge key を選択します。Purge key の設定画面が表示されます。

    URL のパージ

  4. Keys 欄にキーを1つまたは複数入力して下さい。キーを複数入力する際は、スペースで区切って下さい。
  5. または Soft purgeチェックボックスを選択すると、キャッシュされたコンテンツを削除するのではなく、期限切れとしてマークすることができます。
  6. Purge ボタンをクリックします。
Back to Top