キャッシュを一時的に無効にする

キャッシュを以下のレベルで無効にすることができます。

  • 個別の URL レベル
  • ブラウザレベル
  • サイトレベル

個々の URL レベルでのキャッシュの無効化

個々の URL レベルでキャッシュを無効にする場合

  1. 常に Pass を強制するリクエスト設定を作成します。
  2. リクエスト設定に、特定のURLを探す条件を追加します。
  3. この設定を有効化するため、新しいバージョンのサービスを有効にします。

ブラウザレベルでのキャッシュの無効化

理論的には、すべてのブラウザが HTTP プロトコルのルールに従うべきです。しかし実際には、このルールに厳密に従わないブラウザもあります。以下のヘッダーの組み合わせにより、テストしたすべてのブラウザで、まったくキャッシュを行わないように強制できるようです。

1Cache-Control: no-cache, no-store, private, must-revalidate, max-age=0, max-stale=0, post-check=0, pre-check=0
2Pragma: no-cache
3Expires: 0

なお、IE8 では戻るボタンに関する奇妙な動作が見られます。Vary: * をヘッダーに追加することでこの問題を解決できるようです。

重要

コンテンツを Fastly でキャッシュし、ブラウザではキャッシュされないようにしたい場合は、オリジンサーバーにこれらのヘッダーを追加しないでください。代わりに、これらを Content ページで新しい Header として追加し、Type を Response に設定してください。

サイトレベルでのキャッシュの無効化

サイトレベルでキャッシュを無効にするには、VCLスニペットを作成して、サービスにすべてのリクエストを渡すようにします。

  1. Fastly コントロールパネルにログインします。
  2. Home ページから、適切なサービスを選択します。検索ボックスで ID、名称、ドメインでの検索が行えます。
  3. Edit configuration ボタンをクリックし、アクティブなバージョンをクローンするオプションを選択します。ドメインページが表示されます。
  4. VCL スニペットのリンクをクリックします。VCL スニペットのページが表示されます。

  5. Create Snippet をクリックします。Create a VCL スニペットページが表示されます。

    vcl スニペットのウィンドウ

  6. Name フィールドに、適切な名前 (例:Pass All Requests) を入力します。

  7. Type のセクションで within subroutine を選択します。

  8. Select subroutine メニューから、recv (vcl_recv) を選択します。

  9. VCL フィールドに、以下の条件を追加します:

    return(pass);
  10. Create をクリックしてスニペットを作成します。

  11. Activate ボタンをクリックして設定変更をデプロイします。

すべての要求は、VCLvcl_recvのRETURN(PASS)を削除するか、このスニペットを削除するまで渡され続けます。


翻訳についての注意事項
このガイドは役に立ちましたか?

このフォームを使用して機密性の高い情報を送信しないでください。サポートが必要な場合はお問い合わせください : support@fastly.com