レギュラー VCL スニペット の使用

レギュラー VCL スニペットは2種類のスニペットのうちの1つで、カスタム VCL を使わずに VCL ロジックの小さなセクションをサービスの設定に挿入することができます (ただし、必要に応じてカスタム VCL にスニペットを含めることができます)。

ダイナミック VCL スニペットとは異なり、レギュラー VCL スニペットはコントロールパネルまたは API 経由で作成できます。これらは「バージョン管理された」オブジェクトとみなされます。特定のサービスに属し、そのサービスの新しいバージョンをデプロイすると、スニペットに対して行った変更はすべてロックされて適用されます。削除されるまでクローンが作成され、サービスにデプロイされ続けます。

レギュラー VCL スニペットの作成

レギュラー VCL スニペットは、コントロールパネルまたは API 経由で作成することができます。

コントロールパネルによる作成

コントロールパネルでレギュラー VCL スニペットを作成するには、以下の手順に従ってください。。

  1. Fastly コントロールパネルにログインします。
  2. Home ページから、適切なサービスを選択します。検索ボックスで ID、名称、ドメインでの検索が行えます。
  3. Edit configuration ボタンをクリックし、アクティブなバージョンをクローンするオプションを選択します。ドメインページが表示されます。
  4. VCL Snippetsのリンクをクリックします。VCL スニペットのページが表示されます。

  5. Create Snippet をクリックします。Create a VCL スニペットページが表示されます。

    未入力の Create a VCL snippet ページ

  6. Name フィールドに適切な名前を入力します (例:Example Snippet)。

  7. Type セクションでスニペットを配置する場所を以下のように選択します。

    • VCL のすべてのサブルーチンよりも上に挿入するには、init を選択します。
    • 特定のサブルーチン内に挿入したい場合は within subroutine を選択し、Select subroutine メニューから特定のサブルーチンを選択します。
    • 手動で挿入するには none (advanced) を選択します。このオプションを選択する場合、手動で挿入する追加要件について、カスタム VCL にレギュラー VCL スニペットを含めるを参照してください。
  8. VCL フィールドに、サービスバージョンに挿入される VCL ロジックのスニペットを入力します。

  9. ページの下部にあるAdvanced optionsリンクをクリックします。Priority フィールドが表示されます。

  10. 必要な場合、Priority フィールドに、スニペットを実行する順序を入力します。数値の小さい順に実行されます。

  11. Create ボタンをクリックし、スニペットを作成します。

API 経由でパージする

API を使用してレギュラー VCL スニペットを作成するには、ターミナルアプリケーションで curl コマンドラインツールを使い、以下の API コールを行います。

$ curl -X POST -s https://api.fastly.com/service/<Service ID>/version/<Editable Version>/snippet -H "Fastly-Key:FASTLY_API_TOKEN" -H `fastly-cookie` -H 'Content-Type: application/x-www-form-urlencoded' --data $'name=my_regular_snippet&type=recv&dynamic=0&content=if ( req.url ) {\n set req.http.my-snippet-test-header = "true";\n}';

Fastly は、以下のような JSON レスポンスを返します。

1{
2 "service_id": "<Service Id>",
3 "version": "<Editable Version>",
4 "name": "my_regular_snippet",
5 "type": "recv",
6 "content": "if ( req.url ) {\n set req.http.my-snippet-test-header = \"true\";\n}",
7 "priority": 100,
8 "dynamic": 0,
9 "id": "56789exampleid",
10 "created_at": "2016-09-09T20:34:51+00:00",
11 "updated_at": "2016-09-09T20:34:51+00:00",
12 "deleted_at": null
13}
注意

レギュラー VCL スニペットが作成されると、使用されない id フィールドが返されます。このフィールドはダイナミック VCL スニペットにのみ適用されます。また、スニペットのコンテンツはバージョン管理されたオブジェクトに格納されているため、返される JSON には、入力された content フィールドが含まれます。

コントロールパネルにレギュラー VCL スニペットを表示する

レギュラー VCL スニペットのリストを表示することができます。また、生成された VCL 内の特定のスニペットのソースまたは特定のスニペットの場所のみを表示することもできます。

レギュラー VCL スニペット のリストを表示する

サービスのレギュラー VCL スニペットのリスト全体をコントロールパネルで直接表示するには、以下の手順に従ってください。

  1. Fastly コントロールパネルにログインします。
  2. Home ページから、適切なサービスを選択します。検索ボックスで ID、名称、ドメインでの検索が行えます。
  3. Edit configuration ボタンをクリックし、アクティブなバージョンをクローンするオプションを選択します。ドメインページが表示されます。
  4. VCL Snippetsのリンクをクリックします。VCL Snippets ページが表示され、サービスで使用可能な VCL スニペットがすべて表示されます。

    サービスに付属する VCL スニペットのリストの例

特定のスニペットのソースを表示する

特定のスニペットのソースだけを表示することができます。

  1. Fastly コントロールパネルにログインします。
  2. Home ページから、適切なサービスを選択します。検索ボックスで ID、名称、ドメインでの検索が行えます。
  3. Edit configuration ボタンをクリックし、アクティブなバージョンをクローンするオプションを選択します。ドメインページが表示されます。
  4. VCL Snippetsのリンクをクリックします。VCL スニペットのページが表示されます。
  5. スニペットの名前の右側にある View Source リンクをクリックします。View Source ウィンドウが表示されます。

生成された VCL で特定のスニペットの場所を表示する

生成された VCL で特定のスニペットの場所を表示することができます。

  1. Fastly コントロールパネルにログインします。
  2. Home ページから、適切なサービスを選択します。検索ボックスで ID、名称、ドメインでの検索が行えます。
  3. Edit configuration ボタンをクリックし、アクティブなバージョンをクローンするオプションを選択します。ドメインページが表示されます。
  4. VCL Snippetsのリンクをクリックします。VCL スニペットのページが表示されます。
  5. スニペットの名前の右側にある Show in Generated VCL リンクをクリックします。Generated VCL ウィンドウが表示されます。

API を使用してレギュラー VCL スニペットを取得する

API を使用して特定のサービスのレギュラー VCL スニペットを個別で、またはすべてを一括で取得できます。

個別にレギュラー VCL スニペットを取得する

個別のスニペットを取得するには、ターミナルアプリケーションで以下の API コールを行います。

$ curl -X GET -s https://api.fastly.com/service/<Service ID>/version/<Editable Version>/snippet/<Snippet Name e.g my_regular_snippet> -H "Fastly-Key:FASTLY_API_TOKEN"

ダイナミック VCL スニペットを取得する場合とは異なり、URL にバージョンを含めます。また、ID ではなくスニペットに設定した名前を使用します。

レギュラー VCL スニペットのリストを取得する

サービスに接続されているすべてのレギュラー VCL スニペットを一覧表示するには、ターミナルアプリケーションで以下の API コールを行います。

$ curl -X GET -s https://api.fastly.com/service/<Service ID>/version/<Editable Version>/snippet/ -H "Fastly-Key:FASTLY_API_TOKEN"

既存のレギュラー VCL スニペットを更新する

コントロールパネルまたは API で既存のレギュラー VCL スニペットを更新することができます。

コントロールパネルによる作成

コントロールパネルで個々のスニペットを更新するには、以下の手順に従ってください。

  1. Fastly コントロールパネルにログインします。
  2. Home ページから、適切なサービスを選択します。検索ボックスで ID、名称、ドメインでの検索が行えます。
  3. Edit configuration ボタンをクリックし、アクティブなバージョンをクローンするオプションを選択します。ドメインページが表示されます。
  4. VCL Snippetsのリンクをクリックします。VCL スニペットのページが表示されます。

  5. 更新するスニペットの名前の横にあるペンのアイコンをクリックします。

    ペンのアイコンをクリックして既存のレギュラー VCL スニペットを更新する

    Edit snippet ページが表示されます。

    Edit snippet ページ

  6. 必要に応じてスニペットの設定や VCL を更新します。

  7. Updateをクリックして変更を保存します。

API 経由でパージする

API を使用して個々のスニペットを更新するには、ターミナルアプリケーションで以下の API コールを行います。

$ curl -X PUT -s https://api.fastly.com/service/<Service ID>/version/<Editable Version>/snippet/<Snippet Name e.g my_regular_snippet> -H "Fastly-Key:FASTLY_API_TOKEN" -H 'Content-Type: application/x-www-form-urlencoded' --data $'content=if ( req.url ) {\n set req.http.my-snippet-test-header = \"affirmative\";\n}';

既存のレギュラー VCL スニペットを削除する

コントロールパネルまたは API で既存のレギュラー VCL スニペットを更新することができます。

コントロールパネルによる作成

  1. Fastly コントロールパネルにログインします。
  2. Home ページから、適切なサービスを選択します。検索ボックスで ID、名称、ドメインでの検索が行えます。
  3. Edit configuration ボタンをクリックし、アクティブなバージョンをクローンするオプションを選択します。ドメインページが表示されます。
  4. VCL Snippetsのリンクをクリックします。VCL スニペットのページが表示されます。

  5. 更新するスニペットの名前の右にあるゴミ箱アイコンをクリックします。

    既存のレギュラー VCL スニペット

    確認ウィンドウが表示されます。

    既存のレギュラー VCL Snippet を削除する確認

  6. Confirm and Delete をクリックします。

API 経由でパージする

API を使用して個々のスニペットを削除するには、ターミナルアプリケーションで以下の API コールを行います。

$ curl -X DELETE -s https://api.fastly.com/service/<Service ID>/version/<Editable Version>/snippet/<Snippet Name e.g my_regular_snippet> -H "Fastly-Key:FASTLY_API_TOKEN"

カスタム VCL に通常のスニペットを含める

コントロールパネルでスニペットタイプに none (advanced) を選択した場合や、API の none パラメータに type で場所を指定した場合、スニペットは VCL で表示されません。これにより、以下のシンタックスを使用してカスタム VCL にスニペットを手動で含めることができます。

include "snippet::<snippet name>"

必要に応じて同じ VCL スニペットをいくつでもカスタム VCL に組み込むことができます。

使用例:位置情報を利用したリダイレクト

例えば、お客様の会社が大規模なコンテンツパブリッシャーであると想定し、ユーザーのリクエストがどの国から来ているのかに応じて、出版物の異なるエディションにリダイレクトさせたいとします。また、Cookie に基づいて配信するエディションを上書きする機能が必要であるとします。

レギュラー VCL スニペットを使用すると、以下のように関連する VCL を持つオブジェクトを追加することができます。

1if (req.http.Cookie:edition == "US" || client.geo.country_code == "US") {
2 set req.http.Edition = "US";
3 set req.backend = F_US;
4} elseif (req.http.Cookie:edition == "Europe" || server.region ~ "^EU-" ) {
5 set req.http.Edition = "EU";
6 set req.backend = F_European;
7} else {
8 set req.http.Edition = "INT";
9 set req.backend = F_International;
10}

これにより、VCL で Edition ヘッダーが作成されますが、条件を設定してそれを上書きすることができます。Vary に Edition ヘッダーを追加し、他のバックエンドに false 条件 (例: !reg.url) を追加することで、正しいエディションが確実に提供されるようにすることができます (バックエンドが設定される前に VCL にスニペットが追加されることにご注意ください)。


翻訳についての注意事項
このガイドは役に立ちましたか?

このフォームを使用して機密性の高い情報を送信しないでください。サポートが必要な場合はお問い合わせください : support@fastly.com