ログファイルの書き込み先を変更する

Fastly では、以下の方法を組み合わせて使用することで、サポートされたロギングエンドポイントがリモートサービスにファイルを書き込む際にログファイルが上書されるのを防ぎます。

  • ファイル作成時のタイムスタンプ
  • 固有の ID を生成
  • タイムスタンプと UID の組み合わせが同一のファイルが存在する場合は、カウンターを増分し、ファイル名の末尾に追加します。

ログファイルの書き込み先を変更するには、選択したエンドポイントの path 変数と timestamp_format 変数を変更します。ログシステムでは、path 変数、timestamp_format 変数、および uid 変数を組み合わせてファイル名を作成します。

<path><timestamp>-<uid>.log<suffixes>

このガイドでは、path 変数と timestamp_format 変数を使用し、ログファイルの書き込み先を制御する方法について説明します。

タイムスタンプのフォーマット

ログファイル名から文字列を削除するようにタイムスタンプの形式を変更することができます。例えば、Elastic MapReduce を使用している場合は、ファイル名に含まれるコロンを削除する必要があります。

timestamp_format 変数は、strftime 互換形式として提供されます。デフォルトの形式は、ISO 8601 日付と時刻の組合せ形式です。

%Y-%m-%dT%H:%M:%S.000

この変数は、ファイルが生成される際に展開されます。例えば、%Y は現在の年、%m は現在の月番号に置き換えられます。

<year>-<2 digit month number>-<2 digit day number>T<hour>:<minute>:<second>

1970年1月1日の午前0時に作成されたファイルのタイムスタンプは、1970-01-01T00:00:00.000です。

パス

ファイルベース (例 : SFTP) とオブジェクトベース (例 : S3) エンドポイントは、さまざまな方法でpath変数を使用します。ファイルベースのエンドポイントは、pathを使用してログエンドポイントのストレージでディレクトリとファイルを作成します。可能であればディレクトリが自動的に作成されます。オブジェクトベースのエンドポイントは、オブジェクトストアでキーを作成するためにpathとファイル名を使用します。ストレージでディレクトリ構造を使用しないため、オブジェクトベースのエンドポイントで実際のディレクトリは作成されません。

ファイルベースとオブジェクトベースのエンドポイントは、path/文字を探します。path の末尾に / が付く場合、path は、ファイルベースのエンドポイントでディレクトリとして、かつオブジェクトベースのエンドポイントで フォルダとして処理されます (ディレクトリと同様)。例えば、pathの値がmy_logs/だった場合、ログファイルはディレクトリ (またはフォルダ) に書き込まれますmy_logs。しかし、pathの値がmy_logsだった場合、その末尾に/が付かない場合は、ログファイルはトップレベルのディレクトリに書き込まれ、文字列my_logsでプリフィックスがつけられます。さらに、pathの値がmy_logs/fooだった場合、ログファイルはmy_logsディレクトリに書き込まれ、文字列fooでプリフィックスが付けられます。

ヒント

パスは、strftime と互換性のある文字列にすることもできます。例えば、変数に %Y/%m/%d がセットされている場合、ファイルは、年、月、日に基づいてディレクトリに書き込まれます。

サフィックス

Fastly のログシステムでは、必要に応じて自動的にファイルにサフィックスが追加されます。

サフィックスファイルタイプ
.log単純なログファイル
.log.gzGzip 圧縮されたログファイル
.log.gpgPGP 暗号化されたログファイル
.log.gz.gpgPGP で暗号化され、Gzip で圧縮されたログファイル

翻訳についての注意事項
このガイドは役に立ちましたか?

このフォームを使用して機密性の高い情報を送信しないでください。サポートが必要な場合はお問い合わせください : support@fastly.com