ドメインの設定

ドメインは、お客様のサービスへのリクエストをルーティングするために使用されます。Fastly サービスのプロビジョニング時にドメイン名をオリジンに関連付けることで、お客様の Webサイトへのリクエストを適切にルーティングし、他の人がそのドメインへのリクエストを提供できないようにできます。例えば、www.example.comblog.example.com、または *.example.comなどのワイルドカードを使うこともできます。いつでもサービスにドメインを追加、編集、または削除することができます。

設定前の注意点

ドメインの設定を始める前に、コントロールパネルの機能サービスの設定方法についてご確認ください。

ドメイン作成の制限

  • ドメインに関連付けられるサービスは、一度に1つのみです。 特定のドメインがアカウント内の別のサービスにより使用されている場合、そのドメインを削除して、その他のサービスに追加することができます。しかし、ドメインが別の Fastly カウントのサービスで使用されている場合、委譲されない限り使用できません。この場合、support@fastly.com に問い合わせて、適切なアカウントへのドメイン委譲のサポートを受けてください。
  • サービスは、設定された数のドメインに制限されます。 デフォルト設定では、1サービスあたりに作成できるドメイン数に制限を設けています。ただし、support@fastly.com にお問い合わせいただいた場合には、お客様のサービスでのドメイン処理の設定と微調整を行うことで、この数を調整できる可能性があります。

初めてのドメインの作成

初めてサービスにドメインを追加する場合は、以下の手順に従ってください。

  1. Fastly コントロールパネルにログインします。
  2. Home ページから、適切なサービスを選択します。検索ボックスで ID、名称、ドメインでの検索が行えます。
  3. Edit configuration ボタンをクリックし、アクティブなバージョンをクローンするオプションを選択します。ドメインページが表示されます。

    Create a Domain ページ

  4. 以下の要領では、ドメイン作成ページの各フィールドに入力します。

    • Domain Name フィールドにドメイン名を入力します。
    • Comment フィールドには、ドメインを説明するコメントをオプションで入力できます。
  5. Add ボタンをクリックします。新しいドメインがドメインリストに表示されます。
  6. Activate ボタンをクリックして設定変更をデプロイします。
  7. まだ行っていない場合は、ドメイン名に CNAME DNS レコードを追加して、クライアントのトラフィックを直接オリジンにではなく、Fastly サービスにルーティングするように設定してください。

追加ドメインの作成

サービスにドメインを追加する場合は、以下の手順に従ってください。

  1. Fastly コントロールパネルにログインします。
  2. Home ページから、適切なサービスを選択します。検索ボックスで ID、名称、ドメインでの検索が行えます。
  3. Edit configuration ボタンをクリックし、アクティブなバージョンをクローンするオプションを選択します。ドメインページが表示されます。

    Domains ページ

  4. Create domain ボタンをクリックします。ドメイン作成フィールドが表示されます。

    Create a Domain ページ

  5. 以下の要領では、ドメイン作成ページの各フィールドに入力します。
    • Domain Name フィールドにドメイン名を入力します。
    • Comment フィールドには、ドメインを説明するコメントをオプションで入力できます。
  6. Add ボタンをクリックします。新しいドメインがドメインリストに表示されます。
  7. Activate ボタンをクリックして設定変更をデプロイします。
  8. まだ行っていない場合は、ドメイン名に CNAME DNS レコードを追加して、クライアントのトラフィックを直接オリジンにではなく、Fastly サービスにルーティングするように設定してください。

API を使用したドメインの作成

Fastly の API を使用して、サービスにドメインをプログラムで追加することができます。サービスにドメインを追加するには、ターミナルアプリケーションで以下の API コールを行います。

1
$ curl -H "Fastly-Key: FASTLY_API_TOKEN" -X POST https://api.fastly.com/service/<service_id>/version/<version_id>/domain -d 'name=www.example.com'

以下のようなレスポンスが返されます。

1
2
3
4
5
6
{
  "comment": "",
  "name": "www.example.com",
  "service_id": "<service_id>",
  "version": <version_id>
}

ドメインのテスト

サービス設定を有効化した後、DNS エントリーを変更してドメインへのリクエストを Fastly に送信する前に、リクエストが Fastly ネットワークを経由した場合の動作を確認することが出来ます。ドメインをテストすることで、DNS の問題や Fastly の設定の問題を特定することができます。

コントロールパネルを使用する

最終的な CNAME の変更を行う前に、Fastly でドメインをテストするためにコントロールパネルを使用する手順は次の通りです。

  1. Fastly コントロールパネルにログインします。
  2. Home ページから、適切なサービスを選択します。検索ボックスで ID、名称、ドメインでの検索が行えます。
  3. Edit configuration ボタンをクリックし、アクティブなバージョンをクローンするオプションを選択します。ドメインページが表示されます。

    Domains ページ

  4. テストしたいドメインの横にある Test domain リンクをクリックします。
  5. Web ブラウザの新しいタブに Web サイトが表示されていることを確認します。

コマンドラインユーティリティの使用

最終的な CNAME の変更を行う前に、Fastly でドメインをテストするためにコマンドラインユーティリティを使用する手順を下記に示しています:

  1. Fastly POP の IP アドレスを検索します。
  2. ホストファイルにドメインホストのエントリーを追加します。
  3. Web ブラウザでドメインをテストします。

Fastly POP の IP アドレスを取得する

hostnslookup、または digコマンドを使用して、Fastly POP の IP アドレスを決定します。リクエストを行ったネットワークの場所と状態に応じて、異なる IP アドレスを返します。その結果、特定のクエリに対して受信した IP アドレスは、以下の例と異なる場合がありますが、最高のパフォーマンスを出す必要があります。

ドメインに対して hostを実行すると、IPv4 アドレスと IPv6 アドレスの両方を返します。

1
2
3
4
$ host www.example.com.
www.example.com.is an alias for dualstack.nonssl.global.fastly.net.
dualstack.nonssl.global.fastly.net has address 199.232.144.204
dualstack.nonssl.global.fastly.net has IPv6 address 2a04:4e42:64::204

この例では、IPv4 アドレスは199.232.144.204であり、IPv6 アドレスは 2a04:4e42:64::204です。

dualstack.nonssl.global.fastly.netに対し、nslookupを実行すると、IPv4 アドレスと IPv6 アドレスの両方を返します。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
$ nslookup  dualstack.nonssl.global.fastly.net.
Server:         127.0.0.53
Address:        127.0.0.53#53

Non-authoritative answer:
Name:   dualstack.nonssl.global.fastly.net
Address: 199.232.144.204
Name:   dualstack.nonssl.global.fastly.net
Address: 2a04:4e42:64::204

この例では、IPv4 アドレスは199.232.144.204であり、IPv6 アドレスは 2a04:4e42:64::204です。

または、IP アドレスを決定するために digを実行することもできますが、IPv4 アドレスの A クエリまたは IPv6 アドレスの AAA クエリを指定する必要があります。

A クエリを用いたドメインのためにdigを実行すると、次のことが返されます。

1
2
3
$ dig +noall +answer -t A www.example.com.
www.example.com.        3600    IN      CNAME   dualstack.nonssl.global.fastly.net.
dualstack.nonssl.global.fastly.net. 30 IN A     199.232.144.204

IPv4 アドレスは、199.232.144.204

AAAA クエリを用いたドメインに対してdigを実行すると、次のことが返されます。

1
2
3
$ dig +noall +answer -t AAAA www.example.com.
www.example.com.        3600    IN      CNAME   dualstack.nonssl.global.fastly.net.
dualstack.nonssl.global.fastly.net. 30 IN AAAA  2a04:4e42:64::204

IPv6 アドレスは、2a04:4e42:64::204です。

ホストファイルの変更

固定 IP とドメインホストエントリーをコンピューターのホストファイルに一時的に追加します。dualstack.nonssl.global.fastly.netにより提供されたサイトをテストするために、次の Anycast IP を使用します。

IPv4 IPv6
151.101.0.204 2a04:4e42::204
151.101.64.204 2a04:4e42:200::204
151.101.128.204 2a04:4e42:400::204
151.101.192.204 2a04:4e42:600::204

例えば、テストしているドメインが www.example.comであり、Anycast IPv4 の例151.101.0.204 を使用している場合、このエントリーをファイルに追加し、変更を保存します。

1
151.101.0.204 www.example.com

ドメインのテスト

Fastly のネットワークを経由してリクエストがどのように処理されるかをテストするためには、ブラウザを再起動してアドレスフィールドにドメインを入力します。更新されたドメインがアドレスフィールドに表示され、リクエストが Fastly POP に送信されていることが分かります。

また、ping コマンドを使用して対象のドメインが Fastly POP アドレスに向けられていることを確認することもできます。この場合、ping www.example.com は Fastly POP のアドレスである 151.101.56.204 を表示します。

対象ドメインが Fastly 経由で配信されるように CNAME レコードを変更した後は、必ずホストファイルからホストエントリーを削除してください。

ドメインの削除

以下の手順で、サービスからドメインを削除してください。

  1. Domains ページで、削除したいドメインの横にあるゴミ箱アイコンをクリックします。
  2. Confirm and delete ボタンをクリックし、ドメインを削除します。
  3. Activate ボタンをクリックして設定変更をデプロイします。

今後の予定

サービス設定のバージョンを改良し続けながらのホストの操作ヘルスチェックの操作について詳しくはこちらをご覧ください。

Back to Top