アカウントのロックアウト

アカウントがロックされる理由

セキュリティ上の理由から、Fastly はアカウントへのログイン試行回数を制限しています。パスワードの無制限な推測をさせないように、一定回数失敗すると、サインインを停止します。アカウントにログインすれば、いつでもパスワードを変更することができます。

2 段階認証を使用していない場合アカウントにアクセスする方法

一度アカウントがロックされると、正しいパスワードを使用してもアカウントにサインインできなくなります。許可された試行回数を超えたことによりロックされたアカウントを解除するには、次のいずれかの手順を実行します:

2要素認証を使用している場合にアカウントにアクセスする方法

モバイルデバイスが利用できない場合。

モバイルデバイスにアクセスできない場合でも、リカバリーコードのいずれかを使用してログイン処理を完了することができます。これらは、2要素認証を初めて有効にした際に Fastly アカウント外の安全な場所に保存したリカバリーコードです。デバイスに再びアクセスできるようになるまで、リカバリーコードを使用し続けることができます。ただし、リカバリーコードを使用できるのは一度だけなので、モバイルデバイスを取り戻すまでの間、コードを使い切らないように新しいコードを再生成してしてください。

紛失したモバイルデバイスが見つからないと思われる状況で、リカバリーコードが2つ以上残っていれば、任意のリカバリーコードでログインし、2つ目のコードで2要素認証を無効にすることができます。2要素認証が無効化されると、後で新しいモバイルデバイスで再有効化し、新しい一連のコードを再生成することができます。

モバイルデバイスもリカバリーコードも持っていない場合。

モバイルデバイスを所有せず、リカバリーコードが保存されなかった場合、お客様の会社でスーパーユーザーのロールが割り当てられている別のユーザーが、次の手順に従ってユーザーの2要素認証をリセットする必要があります。スーパーユーザーが誰なのかわからない場合は、サポートチームまでご連絡ください。

モバイルデバイスもリカバリーコードも持っておらず、そのアカウントのスーパーユーザーが自分しかいない場合。

カスタマーサポートにご連絡ください。電話でお客様と会社の関連性を確認させていただきます。お客様の会社の Web サイトに掲載されている、または Fastly のアカウントタブに入力されている連絡先を使用します。確認後、リカバリーコードが送信され、パスワードがリセットされます。

アカウントが不正利用された可能性がある場合

ユーザーのアカウントがハッキングまたはフィッシングされた疑いがある場合、Fastly はハッカーによるアクセスを無効にするためにその影響が及んでいるアカウントのパスワードを自発的にリセットすることがあります。この場合、Fastly はアカウントの実際の所有者 (お客様) 宛にパスワードをリセットする方法についての補足情報を記載したメールを送ります。このようなメールを受け取った場合は、メール文中の指示に従ってください。

アカウントがハッキングまたはフィッシングされた疑いがある場合は、すみやかにカスタマーサポートに連絡してください。

ロックされたアカウントとブロックされたアカウントの違い

Fastly では、IP アドレスに基づいてアカウントにログインできるユーザーを制限することができます。つまり、正しいログイン名とパスワードを使用しても、IP アドレスが会社の許可アドレスのリストに一致しなければ、Fastly アカウントへのアクセスがブロックされる可能性があります。

このオプションの IP 許可リストを有効にしている場合、制限された IP アドレスを最新のものに保つ必要があります。IP 許可リストの設定を変更できるのは、スーパーユーザーのロールを持つユーザーのみであり(アカウントオーナーは常にスーパーユーザー)、アカウントオーナーが有効な電話番号を登録していなければなりません。

許可リストの有効化後にお客様の IP アドレスが変更され、許可リストの設定を更新し忘れた場合、アカウントからロックアウトされます。Fastly の営業時間内に サポートチームに連絡し、カスタマーサポート担当者からアカウント所有者への電話を依頼してください。メールのリクエストだけに基づいてアカウントを解除することはできません。


翻訳についての注意事項
このガイドは役に立ちましたか?

このフォームを使用して機密性の高い情報を送信しないでください。サポートが必要な場合は、サポートチームまでご連絡ください。このフォームは reCAPTCHA によって保護されており、Google のプライバシーポリシー利用規約が適用されます。