監査ログによるアカウントアクティビティのモニタリング

監査ログ機能によって、お客様の Fastly アカウント、ユーザーおよびサービスに関連するイベントを追跡できます。監査ログを利用して、誰がどのような変更を行ったかを確認することができます。例えば、監査ログを使って以下を確認することができます。

  • API トークンが作成された日時
  • コントロールパネルを介してお客様のアカウントにログインしたユーザー
  • サービス設定に対して行われた変更の種類
  • ユーザーがアカウントセキュリティ設定を変更した日時

Fastly のコントロールパネルと API を使用して監査ログを確認することができます。

ヒント

サービス関連のイベントをモニタリングする方法については、イベントログに関するガイドをご覧ください。Fastly を通過するデータのモニタリングについては、Fastly のリアルタイムログストリーミング機能に関するガイドをご覧ください。

Fastly コントロールパネルから監査ログにアクセスする

監査ログを表示するには、スーパーユーザーのロールを割り当てられる必要があります。 Fastly コントロールパネルで直接、監査ログイベントをイベントタイプ、トークン ID、サービス ID、ユーザー ID、日付でフィルタリングできます。

アカウントの監査ログにアクセスするには、以下の手順に従ってください。

  1. Fastly コントロールパネルにログインし、アカウントメニューから Account を選択します。アカウント情報が表示されます。
  2. Audit log をクリックします。

    Audit log の例

注意

2021年6月22日現在、監査ログデータの保持期間は1年 (365日) です。

Fastly API 経由で監査ログにアクセスする

/events の API エンドポイントを使用して、Fastly アカウントの監査ログを取得できます。 例えば、ターミナルアプリケーションで以下のような API コールを行い、最近の監査ログイベントをすべてフィルターして表示することができます。

$ curl -g -H "Fastly-Key: FASTLY_API_TOKEN" "https://api.fastly.com/events?filter[customer_id]=x4xCwxxJxGCx123Rx5xTx&page[number]=1&page[size]=1"

以下のようなレスポンスが返されます。

1{
2 "data": [
3 {
4 "attributes": {
5 "admin": false,
6 "created_at": "2016-06-06T20:05:10Z",
7 "customer_id": "x4xCwxxJxGCx123Rx5xTx",
8 "description": "Version 2 was activated",
9 "event_type": "version.activate",
10 "ip": "127.0.0.0",
11 "metadata": {
12 "version_number": 2
13 },
14 "service_id": "SU1Z0isxPaozGVKXdv0eY",
15 "user_id": "x9KzsrACXZv8tPwlEDsKb6"
16 },
17 "id": "5IH1QmNSV1Qi7jXc4oIZlZc",
18 "type": "event"
19 }
20 ],
21 "links": {
22 "last": "https://api.fastly.com/events?filter[customer_id]=x4xCwxxJxGCx123Rx5xTx&page[number]=1&page[size]=1"
23 }
24}

詳細については Fastly API に関するドキュメントをご覧ください。


翻訳についての注意事項
このガイドは役に立ちましたか?

このフォームを使用して機密性の高い情報を送信しないでください。サポートが必要な場合は、サポートチームまでご連絡ください。このフォームは reCAPTCHA によって保護されており、Google のプライバシーポリシー利用規約が適用されます。