自動圧縮を有効にする

圧縮は、アセットのサイズを小さくして、トラフィックの流れを速くするために役立ちます。Fastly を使用すれば、エッジサーバーでデータを自動的に圧縮することができます。

Fastly から配信されるデータの多くは、特に HTML、JavaScript、CSS などのテキストベースの形式を使用した静的圧縮を使用して圧縮することができます。静的圧縮では、オリジンからコンテンツが動的にフェッチされ、ユーザーが要求した形式 (Brotli または gzip) にしたがって圧縮されてから、キャッシュされます。

一方、動的圧縮では、レスポンスがクライアントに配信される直前にコンテンツが圧縮され、キャッシュできないコンテンツで使用されます。例えば、動的圧縮では、エンドユーザーに固有のコンテンツを圧縮することができます。

制約と注意事項

以下の点にご留意ください。

  • 現在、API エンドポイントの名前は /gzip です。 自動圧縮のための API ドキュメントは、gzip エンドポイントのドキュメントに現在表示されます。ドキュメント化されている gzip API は、Brotli 圧縮を完全にサポートしています。
  • カスタム VCL では、ウェブインターフェイスと API 圧縮設定を上書きできます。カスタム VCL を使用して圧縮を有効にすると、その設定は、ウェブインターフェイスでの設定の代わりに使用されます。

Fastly の圧縮機能の一般的な動作を考慮する際、以下の点に注意してください。

  • 圧縮は、オリジンから圧縮されずに提供されたコンテンツに対してのみサポートされます。 自動圧縮を使用するには、圧縮が適用される前にコンテンツが解凍を必要としないことを確認します。
  • 現在、圧縮機能はセグメントキャッシュをサポートしていません。 自動圧縮を使用する場合は、セグメントキャッシュを無効にしてください。

自動圧縮を有効にする

このセクションでは、Fastly コントロールパネルを使用して、静的圧縮を有効または無効にする方法について説明します。圧縮を有効にするには、圧縮形式を選択してから、圧縮ポリシーを設定します。

圧縮形式の選択

圧縮を有効にするには、以下の手順を使用して圧縮形式を選択することから始めます。

  1. Fastly コントロールパネルにログインします。
  2. Home ページから、適切なサービスを選択します。検索ボックスで ID、名称、ドメインによる検索が行えます。
  3. Edit configuration をクリックし、アクティブなバージョンをクローンするオプションを選択します。
  4. Content をクリックします。
  5. 圧縮エリアまでスクロールします。圧縮形式の選択オプションから、以下のいずれかを実行します。
    • サポートしているブラウザでデフォルトで Brotli 圧縮を使用できる場合に Brotli 圧縮を使用するを選択します。圧縮を有効にし、Brotli を形式として選択すると、クライアントの Brotli 対応ブラウザが適切な Accept-Encoding ヘッダーを送信するたびに、デフォルトでレスポンスに使用します。複数の Accept-Encoding の値がある場合、gzip の使用が可能でも、Brotli が優先されます。
    • Brotli の使用を避けるために gzip 圧縮のみを使用を選択し、このサービスの圧縮形式として gzip を使用します。

圧縮ポリシーの設定

圧縮形式を選択したら、圧縮ポリシーを設定する必要があります。以下を決定します:

  • デフォルトの圧縮ポリシーを有効にすると、拡張子が cssjshtmleoticootfttfjson、または svg のファイルのコンテンツが圧縮されます。
  • 高度な圧縮ポリシーを設定し、圧縮のコンテンツと条件をカスタマイズし、どのタイプのコンテンツとこの圧縮が発生する条件を正確に指定します。

デフォルトの圧縮ポリシーを有効にします

デフォルトの圧縮ポリシーを有効にするには、以下の手順に従います:

  1. Default compression policyスイッチをクリックし、ファイル拡張子のデフォルトのリストを使用してコンテンツを圧縮するように選択した形式を使用して圧縮を有効にします。
  2. Activate をクリックして設定への変更をデプロイします。

高度な圧縮ポリシーの設定

高度な圧縮ポリシーを設定するには、以下の手順に従います:

  1. Set up advanced compression をクリックします。

  2. Override these defaults をクリックします。

    override these defaults をクリックすると表示される create a compression policy フィールド

  3. 以下の要領で Create a compression policy ページの各フィールドに入力します。

    • Name フィールドに新しい圧縮ポリシーの分かりやすい名前を入力します。
    • Extensions フィールドに、動的に圧縮するファイルの各種類の拡張子をスペースで区切って入力します。ファイル拡張子を表す3文字または4文字の文字列のみを入力します。
    • Content types フィールドには、動的に圧縮したいコンテンツの各コンテンツタイプをスペースで区切って入力します。正規表現は使用しないでください。
  4. Create をクリックします。新しい圧縮ポリシーが表示されます。

  5. Activate をクリックして設定への変更をデプロイします。

静的圧縮の無効化

現在デフォルトの圧縮ポリシーを使用している場合、デフォルトの圧縮ポリシースイッチをクリックして表示しますOFF

現在高度な圧縮ポリシーを使用している場合、ポリシーのタイトルの右にあるゴミ箱アイコンを使用して圧縮を無効にできます:

高度な圧縮ポリシーの例

自動正規化

リクエストヘッダーに基づいて出力を変更する際に圧縮が利用されることがよくあります。そのため、Fastly は受信したリクエストの Accept-Encoding の値を正規化します。変更されたヘッダーは、ブラウザによってサポートされる最適な圧縮方式に基づき、エンコーディングタイプなし、または単一のエンコーディングタイプに設定されます。

具体的には、インバウンドリクエストで以下の手順を実行します。

  1. User-Agent が圧縮されたレスポンスへの対応に問題があるブラウザのパターンに一致した場合は Accept-Encoding ヘッダーを削除します。
  2. Accept-Encoding ヘッダーに br の文字列が含まれる場合は、値全体を br の文字列に設定します。
  3. Accept-Encoding ヘッダーに gzip の文字列が含まれる場合は、値全体を gzip の文字列に設定します。
  4. Accept-Encoding ヘッダーに deflate の文字列が含まれる場合は、値全体を deflate の文字列に設定します。
  5. さもなければ Accept-Encoding ヘッダーを削除します。

この正規化プロセスにおいてヘッダー値が変更された場合、元の値は Fastly-Orig-Accept-Encoding カスタムヘッダーで利用可能になります。

動的圧縮を有効にする

Fastly の動的コンテンツ圧縮機能では、ビデオストリーミングのマニフェストやコンピューティングアプリケーションの動的コンテンツなど、キャッシュでメリットを得ることができない動的コンテンツを圧縮することができます。圧縮が完了した後には、ESI などの動的ウェブコンテンツアセンブリ技術を適用することもできます。Fastly で圧縮コンテンツを配信ガイドでは、X-Compress-Hint ヘッダーを使用してカスタム VCL または Fastly API を使用して圧縮を有効にする方法を説明しており、動的コンテンツを圧縮するためのワークフローも含まれています。


翻訳についての注意事項
このガイドは役に立ちましたか?

このフォームを使用して機密性の高い情報を送信しないでください。サポートが必要な場合は、サポートチームまでご連絡ください。このフォームは reCAPTCHA によって保護されており、Google のプライバシーポリシー利用規約が適用されます。