IPv6 サポート

Fastly は、IPv6 をテクノロジースタックに統合しました。IPv6 を有効にすることで、IPv6 接続の訪問者は、Web サイトとアプリケーションにアクセスすることができます。バックエンドインフラの変更なしで行うことができます。

IPv6 を有効にする

IPv6 を有効にするには、CNAME レコードに応じて以下の指示に従ってください。

非 TLS ホスト名と TLS 対応のホスト名にて IPv6 を有効化する

CNAME レコードに dualstack プレフィックスを付けることで、ホスト名にて IPv6 デュアルスタック (IPv4 と IPv6) の機能を有効にすることができます。例えば、「g」共有SAN証明書を利用している場合、以下のようなデュアルスタックオプションを利用できます。

  • dualstack.g.shared.global.fastly.net (HTTP/2 サポートのためのデュアルスタック・グローバル・マップ)
  • dualstack.g.shared.us-eu.fastly.net (HTTP/2 をサポートするデュアルスタック US-EU マップ)
  • dualstack.g.ssl.global.fastly.net (HTTP/1 のみのデュアルスタック・グローバル・マップ)
  • dualstack.g.ssl.us-eu.fastly.net(HTTP/1 のみのデュアルスタック US-EU マップ)

お客様固有のホスト名の IPv6 を有効化する

お客様固有のホスト名を使用している場合は、Fastly サポートにご連絡ください。IPv6 マップを提供または現在のマップを有効にします。デフォルトでは、マップは HTTP/2 に対応し、グローバルな請求リージョンが設定されます。新しいマップを作成する際には、必要な変更を必ず指定してください。

Apex ドメインのエニーキャスト IPv6 アドレスを有効化する

Fastly のエニーキャスト IPv4 アドレスを apex ドメインで使用している場合、Fastly サポートにご連絡いただければ、適切なエニーキャスト IPv6 アドレスを提供いたします。

IPv6 のジオロケーション機能

Fastly のジオロケーション機能は、IPv6 アドレスと併せて利用できます。

VCL 変数

リクエストが IPv6 リクエストとして受信されたかどうかは、req.is_ipv6 VCL 変数で追跡できるほか、ログ%h/ja/guides/custom-log-formats)の IPv6 フォーマットでも確認できます。

IPv6 をテストする

IPv6 の運用開始後、ターミナルアプリケーションに dig コマンドを入力して IPv6 をテストし、マップが AAAA レコードを返すことを確認してください。例えば、次のように入力します。

dig www.example.com AAAA +short

www.example.com はテスト中のドメインです。

次のような内容が出力されます。

2606:2800:220:1:248:1893:25c8:1946

また、What's my DNS というツールを利用し AAAA オプションを選択すると、お客様の CNAME レコードが世界中のクライアントによってどのように解決されているか確認することができます。

パフォーマンスへの影響

IPv6 を有効化しても、パフォーマンスに悪影響は及ぶことはありません。クライアントの多くは、Happy Eyeballs というアプローチを実装し、IPv4 または IPv6 のどちらか速い方に接続します。Happy Eyeballs は、他の条件がすべて同じであれば、IPv4 ではなく IPv6 を選択します。

Back to Top