Azure からのアウトバウンドデータ転送

Fastly は、Microsoft Azure ExpressRoute Direct Microsoft Routing Preference を無制限に使用してローカル回線を統合し、Azure へのプライベート接続を作成しました。Azure をオリジンとして使用している場合、このプライベートローカル回線を使用することで、一般的なパブリックインターネット接続に比べて、より安全かつ信頼性に優れ、高速でレイテンシーの少ないインターネット通信をご利用いただけます。また、Azure からのアウトバウンドデータ転送コストは、お客様の Fastly サービスの標準価格設定に含まれます。

Fastly サービスがこのローカル回線経由の直接接続を使用するように設定するには、Azure サービスリージョンを使用してオリジンシールドを有効にして、オリジンシールドの場所を決定します。さらに、サービスリージョンとオリジンシールドの場所の組み合わせに基づいて、ストレージアカウントに対して優先されるルーティング方法を設定します。開発者ドキュメントでは、選択したルーティング設定でオリジンシールドの場所をリストしています。

Fastly のサービスと Azure のストレージアカウントを正しく設定すると、適切な Azure のリージョンから Fastly へのアウトバウンドデータ転送がこのローカル回線を介して行われます。Fastly は、このローカル回線を Microsoft から購入しているため、この回線を経由するトラフィックに対して Microsoft はアウトバウンドのデータ転送レートを適用しません。このローカル回線は、Azure の Container InstancesFunctionsMedia Services などのサービスや、Blob Storage で使用することができます。

この記事では、サードパーティが提供するサービスとの統合について説明します。詳細については、統合に関する注意事項をご参照ください。
Back to Top