シングルパージ

Fastly では、さまざまなレベルでキャッシュをパージできます。「Purge URL」コマンドを使えば、単一の URL などの小規模なデータをパージできます。「Purge all」コマンドを使えば、1つのサービスに含まれる全コンテンツを一気にパージできます。またキーベースのパージである「Purge Key」コマンドを使用すると、選択的にコンテンツをパージできます。また、ソフトパージと呼ばれるパージ機能があり、古い (失効済み) コンテンツを Fastly のキャッシュから完全に削除せずに、期限切れとしてマークすることができます。

Fastly コントロールパネルを使ったパージ

Fastly コントロールパネルを使用してコンテンツをパージするには、以下いずれかの方法を選択します。

URL のパージ

単一の URL を消去するには、以下の手順を実行して下さい。

  1. Fastly コントロールパネルにログインします。
  2. All services ページから、該当するサービスを選択します。検索ボックスを使用して ID、名前、またはドメインで検索することができます。
  3. Purge メニューから Purge URL を選択して下さい。Purge URL 設定画面が表示されます。

    URL のパージ

  4. Domain メニューから、コンテンツが存在するドメインを選択します。選択したドメインがワイルドカードドメイン (*.example.com など) の場合、Subdomain 欄が表示されます。
  5. Subdomain 欄が表示された場合、選択したワイルドカードドメインの削除したいサブドメイン (www など) を入力して下さい。
  6. Full URL path 欄に、パージするコンテンツへのパスを入力します (/example.jpg など)。Preview 欄にはパージされる URL が表示されます。
  7. または Soft purgeチェックボックスを選択すると、キャッシュされたコンテンツを削除するのではなく、期限切れとしてマークすることができます。
  8. Purge ボタンをクリックします。

キーによるパージ

コンテンツをサロゲートキーでパージするには、以下の手順にしたがってください。

  1. Fastly コントロールパネルにログインします。
  2. All services ページから、該当するサービスを選択します。検索ボックスを使用して ID、名前、またはドメインで検索することができます。
  3. Purge メニューから Purge key を選択します。Purge key の設定画面が表示されます。

    URL のパージ

  4. Keys 欄にキーを1つまたは複数入力して下さい。キーを複数入力する際は、スペースで区切って下さい。
  5. または Soft purgeチェックボックスを選択すると、キャッシュされたコンテンツを削除するのではなく、期限切れとしてマークすることができます。
  6. Purge ボタンをクリックします。

全コンテンツのパージ

サービス下のすべてのコンテンツを削除するには、以下の手順にしたがってください。

  1. Fastly コントロールパネルにログインします。
  2. All services ページから、該当するサービスを選択します。検索ボックスを使用して ID、名前、またはドメインで検索することができます。
  3. Purge メニューから Purge all を選択します。Purge all ウィンドウが表示され、消去されるサービス名が表示されます。

    purge all

  4. Purge all ウィンドウに、表示されるサービスの正確な名前 (An Example Service など) を入力し、サービス上すべてのキャッシュコンテンツを消去することを確認します。
  5. Purge all ボタンをクリックします。

API 経由でのパージ

API 経由でパージを行うためのシンタックスについてはAPIドキュメントのPurgingセクションをご参照下さい。

API を使ってパージすると、レスポンスにパージ ID が返されます。例:

1
{"status": "ok", "id": "1234567890"}

パージがうまくいかない場合は、support@fastly.com にパージ ID、パージしようとしているリソース、パージの種類 (API 経由のサロゲートキーによるパージなど) を記載したメールをお送りください。

Back to Top