Compute@Edge ログストリーミング: Google Cloud Pub/Sub

Fastly の Compute@Edge サービスのリアルタイムログストリーミング機能では、Google のグローバルメッセージングおよびイベント取り込みプロダクトである Cloud Pub/Sub にログファイルを送信することができます。

前提条件

Fastly Compute@Edge サービスのログエンドポイントとして Cloud Pub/Sub を追加する前に、Google Cloud Platform (GCP) アカウントに登録し、以下を行う必要があります。

  • Google の Web サイトでサービスアカウントを作成します。
  • Google Cloud コンソールの Pub/Sub セクションに移動します。画面の指示に従って API を有効化します。
  • Pub/Sub トピックを作成します。
  • Pub/Sub トピックに設定されたサービスアカウントに関連付けられた JSON ファイルから秘密鍵を取得します。

ログエンドポイントとして Cloud Pub/Sub を追加する

次の指示に従って、ログエンドポイントとして Cloud Pub/Sub を追加してください。

  1. リモートログストリーミングの設定に関するガイドの情報をご参照ください。

  2. Google Cloud Pub/Sub Create endpoint ボタンをクリックします。Google Cloud Pub/Sub エンドポイント作成ページが表示されます。
  3. Create a Google Cloud Pub/Sub endpoint フィールドに以下のように記入します。
    • Name フィールドに、Compute@Edge コードに指定した名前を入力します。例えば、Rust コードの例では、名前は my_endpoint_name です。
    • Project ID フィールドには、Google Cloud Platform プロジェクトの ID を入力します。
    • Email フィールドに、Pub/Sub トピックに設定されたサービスアカウントのメールアドレスを入力します。
    • Topic フィールドには、ログを送信先となる Pub/Sub トピックを入力します。
    • Secret Key フィールドには、Pub/Sub トピックに設定されたサービスアカウントに関連付けられた秘密鍵の正確な値を入力します。
  4. Create ボタンをクリックすると、新しいログエンドポイントが作成されます。
  5. Activate ボタンをクリックして設定変更をデプロイします。
Back to Top