ログストリーミング: Microsoft Azure Blob Storage

Fastly の リアルタイムのログストリーミング機能は、Microsoft Azure Blob Storage (Blob Storage) にログファイルを送信することができます。Blob Storage は、大量の非構造データを制御し、HTTP や HTTPS を使ってユーザーに配信するために使用される静的ファイルストレージサービスです。

前提条件

Fastly サービスのログエンドポイントとして Blob Storage を追加する前に、Azure portalで Azure storage アカウントを作成します。アカウントの作成については、Microsoft のアカウント作成のドキュメントをご参照ください。

Fastly 専用の共有アクセスシグネチャ (SAS) ユーザーを作成することを推奨します。詳細については、Microsoft の共有アクセスシグネチャ (SAS)のドキュメント、特に Account SAS URI の例の部分をご参照ください。

Blob に書き込み権限を提供する SAS トークンの例を紹介します。

sv=2018-04-05&ss=b&st=2018-04-29T22%3A18%3A26Z&sr=b&se=2020-04-30T02%3A23%3A26Z&sp=w&sig=Z%2FRHIX5Xcg0Mq2rqI3OlWTjEg2tYkboXr1P9ZUXDtkk%3D

以下の表では、トークンの各部分と SAS にもたらす意味を説明しています。

要素 説明
sv sv=2018-04-05 ストレージサービスのバージョン。
ss ss=b signedservice のフィールド。これは必須であり、 b (blog storage) である必要があります。
st st=2018-04-29T22%3A18%3A26Z UTC で指定されたトークンの開始時間。
sr sr=b このトークンにアクセスできるリソースを保存します。Fastly では Blob (b) が必要です。
se se=2020-04-30T02%3A23%3A26Z UTC で指定されたトークンの有効期限。
期限が切れる前にトークンが更新されないとログが機能しなくなりますのでご注意ください。
sp sp=w SAS トークンによって与えられた権限。Fastly では write (w) であることが必要です。
sig sig=Z%2FRHIX5Xcg0Mq2... Blob へのアクセスを認証するための署名。

ログエンドポイントとして Blob Storageを追加する

Azure アカウントに登録し、SAS トークンを作成した後、以下の手順にしたがって Blob Storage をログエンドポイントとして追加します。

  1. リモートログストリーミングの設定に関するガイドの情報をご参照ください。
  2. Azure Blob Storage Create endpoint ボタンをクリックします。Create a Microsoft Azure Blob Storage endpoint ページが表示されます。
  3. 以下のように、Create a Microsoft Azure Blob Storage endpoint フィールドに入力します。
    • Name フィールドに分かりやすいエンドポイントの名前を入力します。
    • Placement セクションでは、生成される VCL にログコールが配置される場所を選択します。有効な値は Format Version Defaultwaf_debug (waf_debug_log)None です。詳細については、ログ配置の変更に関するガイドをご参照ください。
    • Log format フィールドに、ログのフォーマットに使用するコンマ区切り値(CSV)としてフォーマットされた文字列を入力します。詳細については、Azure Data Explorer のデータインジェスト
    • Storage account name フィールドに、データオブジェクトが保存される固有の Azure 名前空間を入力します。
    • Container フィールドに、ログを保存する Blob Storage コンテナの名前を入力します。詳細については、Microsoft の Blob storage ページを参照してください。
    • SAS token フィールドに、コンテナに関連するトークンを入力します。
    • Maximum bytes フィールドに、オプションで最大ファイルサイズ (バイト数) を入力します。
    • Period フィールドに、ログファイルのローテーションの頻度をコントロールするための間隔 (秒単位) を任意で入力します。この値はデフォルトで3600秒に設定されています。
    • Timestamp format フィールドに、ログファイルのタイムスタンプ形式を任意で入力します。デフォルトは strftime 互換形式の文字列です。詳細については、ログファイルの書き込み先の変更に関するガイドをご参照ください。
  4. Create a Microsoft Azure Blob Storage endpoint ページの Advanced options リンクをクリックし、必要がある場合はフィールドを変更します (任意)。
  5. 以下のように、Create a Microsoft Azure Blob Storage endpoint ページの Advanced options を入力します。
    • Path フィールドには、ファイルを保存するバケット内のパスを任意で入力します。パスの末尾にはスラッシュが付きます。このフィールドを空にすると、ファイルはバケットのルートパスに保存されます。詳細については、ログファイルの書き込み先の変更に関するガイドをご参照ください。
    • PGP public key フィールドに、Fastly がディスクに書き込む前にログファイルを暗号化するために使用する PGP 公開鍵を任意で入力します。お客様は、秘密鍵で復号化することによってのみ、コンテンツを読むことができます。PGP キーは PEM (プライバシー強化メール) 形式でなければなりません。詳細については、ログの暗号化に関するガイドをご参照ください。
    • Select a log line format のセクションで、ログメッセージのログライン形式を選択します。詳細については、ログライン形式の変更に関するガイドをご覧ください。
    • Compression フィールドに、ログファイルに適用する圧縮形式を任意で選択します。詳細については、ログ圧縮オプションの変更に関するガイドをご参照ください。
  6. Create ボタンをクリックすると、新しいログエンドポイントが作成されます。
  7. Activate ボタンをクリックして設定変更をデプロイします。

Azure Data Explorer のデータインジェスト

Azure Data Explorer は、ログとテレメトリーデータのデータ検索サービスです。Data Explorer がデータを正しくインジェストするには、ログをコンマ区切りの値 (CSV) としてフォーマットする必要があります。ログエンドポイントを作成する際、以下の手順に従ってください。

  • Log format を CSV 文字列 ( %H,%{time.start.sec}V,%{regsub(req.http.User-Agent, \{"""\}, \{""""\})}V) に設定します。
  • Advanced optionsSelect a log line format 欄で、blank を指定します。

詳細については、ログライン形式の変更に関するガイド をご覧ください。

Back to Top