ログストリーミング:Log Shuttle

Fastly のリアルタイムログストリーミング機能によって、ログファイルを Log Shuttle に送信することができます。Log Shuttle は、暗号化および認証されたログの送信をよりシンプルに行うために設計されたオープンソースのアプリケーションです。

Log Shuttle をログエンドポイントとして追加する

以下の手順で Log Shuttle をログエンドポイントとして追加します。

  1. リモートログストリーミングの設定に関するガイドの情報をご参照ください。
  2. Log Shuttle の Create endpoint ボタンをクリックします。Create a Log Shuttle endpoint ページが表示されます。
  3. 以下の要領で Create a Log Shuttle endpoint の各フィールドに記入します。
    • Name フィールドに分かりやすいエンドポイントの名前を入力します。
    • Placement セクションでは、生成される VCL にログコールが配置される場所を選択します。有効な値は Format Version Defaultwaf_debug (waf_debug_log)None です。詳細については、ログ配置の変更に関するガイドをご参照ください。
    • Log format フィールドに、ログの形式に使用する Apache 形式の文字列や VCL 変数を任意で入力します。詳細については、フォーマットの例をご参照ください。
    • Token フィールドにデータ認証トークンを入力します。これは、Heroku の Log Integration などの一部のエンドポイントで必要です。
    • URL フィールドに、ログデータの送信先となる URL を入力します (例: https://logs.example.com/)。
  4. Create ボタンをクリックすると、新しいログエンドポイントが作成されます。
  5. Activate ボタンをクリックして設定変更をデプロイします。

の形式例

Log Shuttle にデータを送信するための文字列の形式例はこちらです。詳細については、形式文字列に関するガイドをご覧ください。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
{
  "timestamp": "%{strftime(\{"%Y-%m-%dT%H:%M:%S%z"\}, time.start)}V",
  "client_ip": "%{req.http.Fastly-Client-IP}V",
  "geo_country": "%{client.geo.country_name}V",
  "geo_city": "%{client.geo.city}V",
  "host": "%{if(req.http.Fastly-Orig-Host, req.http.Fastly-Orig-Host, req.http.Host)}V",
  "url": "%{json.escape(req.url)}V",
  "request_method": "%{json.escape(req.method)}V",
  "request_protocol": "%{json.escape(req.proto)}V",
  "request_referer": "%{json.escape(req.http.referer)}V",
  "request_user_agent": "%{json.escape(req.http.User-Agent)}V",
  "response_state": "%{json.escape(fastly_info.state)}V",
  "response_status": %{resp.status}V,
  "response_reason": %{if(resp.response, "%22"+json.escape(resp.response)+"%22", "null")}V,
  "response_body_size": %{resp.body_bytes_written}V,
  "fastly_server": "%{json.escape(server.identity)}V",
  "fastly_is_edge": %{if(fastly.ff.visits_this_service == 0, "true", "false")}V
}
Back to Top