ログストリーミング:LogDNA

Fastly のリアルタイムログストリーミング機能を、LogDNA が読める形式でログを送信するように設定することができます。LogDNA はシステムやアプリケーションのログを1か所に集約するクラウドベースのログ管理システムです。

前提条件

Fastly サービスのログエンドポイントとして LogDNA を追加する前に、以下の手順を実行する必要があります。

  • LogDNA のアカウントをお持ちでない場合は、アカウントを作成してください。無料 (ただし制限付きのプラン) のアカウントを作成するか、またはより多くの機能を利用できるよう LogDNA のプランをアップグレードすることができます。
  • LogDNA のポータルで、アカウントに合わせたログソースの設定手順に従い、新規の LogDNA syslog ソースを設定します。設定完了時に syslog URL の末尾に表示されるポート番号を必ずメモしてください。Fastly のログエンドポイントとして LogDNA を設定する際に、このポート番号を入力する必要があります。

LogDNA をログエンドポイントとして追加する

  1. リモートログストリーミングの設定に関するガイドの情報をご参照ください。
  2. LogDNA (via Syslog) の Create endpoint ボタンをクリックします。Create a Syslog endpoint ページが表示されます。
  3. 以下の要領で Create a Syslog endpoint ページの各フィールドに入力します。
    • Name フィールドに分かりやすいエンドポイントの名前を入力します。
    • Placement セクションでは、生成される VCL にログコールが配置される場所を選択します。有効な値は Format Version Defaultwaf_debug (waf_debug_log)None です。詳細については、ログ配置の変更に関するガイドをご参照ください。
    • Log format フィールドに、ログの形式に使用する Apache 形式の文字列や VCL 変数を任意で入力します。詳細については、フォーマットの例をご参照ください。
    • Syslog address フィールドに syslog-a.logdna.com と入力します。コロンの後のポートフィールドには、LogDNA のアカウント設定時にメモした LogDNA のポート番号を入力します。
    • TLS メニューから Yes を選択して syslog エンドポイントの暗号化を有効にします。TLS Hostname と TLS CA Certificate のフィールドが表示されます。
    • TLS Hostname フィールドには syslog-a.logdna.com と入力します。これは Fastly が syslog サーバーの証明書を検証するために使用するホスト名です。
  4. Create a Syslog endpoint ページの Advanced options をクリックし、必要に応じてオプションフィールドを変更します。
  5. Create a Syslog endpoint ページの Advanced options に以下のように入力します。
    • Select a log line format のセクションで、ログメッセージのログライン形式を選択します。詳細については、ログライン形式の変更に関するガイドをご覧ください。
  6. Create ボタンをクリックすると、新しいログエンドポイントが作成されます。
  7. Activate ボタンをクリックして設定変更をデプロイします。

エンドポイントを作成してサービスをデプロイすると、数秒後に LogDNA アカウントにログが表示され始めます。

の形式例

LogDNA にデータを送信するための文字列の形式例はこちらです。詳細については、形式文字列に関するガイドをご覧ください。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
{
  "timestamp": "%{strftime(\{"%Y-%m-%dT%H:%M:%S%z"\}, time.start)}V",
  "client_ip": "%{req.http.Fastly-Client-IP}V",
  "geo_country": "%{client.geo.country_name}V",
  "geo_city": "%{client.geo.city}V",
  "host": "%{if(req.http.Fastly-Orig-Host, req.http.Fastly-Orig-Host, req.http.Host)}V",
  "url": "%{json.escape(req.url)}V",
  "request_method": "%{json.escape(req.method)}V",
  "request_protocol": "%{json.escape(req.proto)}V",
  "request_referer": "%{json.escape(req.http.referer)}V",
  "request_user_agent": "%{json.escape(req.http.User-Agent)}V",
  "response_state": "%{json.escape(fastly_info.state)}V",
  "response_status": %{resp.status}V,
  "response_reason": %{if(resp.response, "%22"+json.escape(resp.response)+"%22", "null")}V,
  "response_body_size": %{resp.body_bytes_written}V,
  "fastly_server": "%{json.escape(server.identity)}V",
  "fastly_is_edge": %{if(fastly.ff.visits_this_service == 0, "true", "false")}V
}
Back to Top