Compute@Edge ログストリーミング:Honeycomb

Fastly の リアルタイムログストリーミング 機能は、JSON フォーマットのログを Honeycomb に送信することができます。Honeycomb は、デベロッパーが複雑なシステムやマイクロサービス、データベースの操作を調査するためのツールです。

前提条件

Honeycomb を Fastly サービスのログエンドポイントとして追加する前に、以下の手順を実行する必要があります。

ログエンドポイントとしての Honeycomb の追加

  1. リモートログストリーミングの設定に関するガイドの情報をご参照ください。

  2. Honeycomb Create endpoint ボタンをクリックします。Create a Honeycomb endpoint ページが表示されます。
  3. Create a Honeycomb endpoint フィールドを以下のように記入します。
    • In the Name field, enter the name you specified in your Compute@Edge code. For example, in our Rust code example, the name is my_endpoint_name.
    • Write Key フィールドに、Honeycomb チームの Write キーを入力します。これは Honeycomb Account page で確認できます。
    • Dataset フィールドに、Honeycomb Dataset の名前を入力します (例 : myDataset)。
  4. Create ボタンをクリックすると、新しいログエンドポイントが作成されます。
  5. Activate ボタンをクリックして設定変更をデプロイします。
Back to Top