Compute@Edge ログストリーミング: Log Shuttle

Fastly の Compute@Edge サービスのリアルタイムログストリーミング機能では、ログファイルを Log Shuttle に送信することができます。Log Shuttle は、暗号化および認証されたログの送信をよりシンプルに行うために設計されたオープンソースのアプリケーションです。

Log Shuttle をログエンドポイントとして追加する

以下の手順で Log Shuttle をログエンドポイントとして追加します。

  1. リモートログストリーミングの設定に関するガイドの情報をご参照ください。

  2. Log Shuttle の Create endpoint ボタンをクリックします。Create a Log Shuttle endpoint ページが表示されます。
  3. 以下の要領で Create a Log Shuttle endpoint の各フィールドに記入します。
    • Name フィールドに、Compute@Edge コードに指定した名前を入力します。例えば、Rust コードの例では、名前は my_endpoint_name です。
    • Token フィールドにデータ認証トークンを入力します。これは、Heroku の Log Integration などの一部のエンドポイントで必要です。
    • URL フィールドに、ログデータの送信先となる URL を入力します (例: https://logs.example.com/)。
  4. Create ボタンをクリックすると、新しいログエンドポイントが作成されます。
  5. Activate ボタンをクリックして設定変更をデプロイします。
Back to Top