Compute@Edge ログストリーミング: Heroku の Logplex

Compute@Edge サービスのリアルタイムログストリーミング機能の一環として、Heroku アドオンを使用すると、Heroku のLogplex システムに直接ログファイルを送信することができます。Logplex は、Heroku の分散型 syslog ルーターで、様々なソースからのログエントリを単一のチャンネルに送信し、照合します。

前提条件

設定前に Heroku の Logplex アカウントのトークンが必要です。Heroku の Logplex アカウントをお持ちでない場合は、Heroku に登録してアカウントを作成してください。

有効にすると、Fastly のログを通常のアプリやホストされたサービスのログとまったく同じように利用できるようになります。Heroku のコマンドラインログビューアーを使用してログを確認したり、ログ記録のアドオンに送信することができます。

Heroku の Logplex をログエンドポイントとして追加する

以下の手順で、Fastly Compute@Edge サービスのログ エンドポイントとして Heroku の Logplex を追加します。

  1. リモートログストリーミングの設定に関するガイドの情報をご参照ください。

  2. Heroku Logplex の Create endpoint ボタンをクリックします。Create a Heroku Logplex endpoint ページが表示されます。
  3. 以下の要領で Create a Heroku Logplex endpoint ページの各フィールドに入力します。
    • Name フィールドに、Compute@Edge コードに指定した名前を入力します。例えば、Rust コードの例では、名前は my_endpoint_name です。
    • Tokenフィールドに Heroku Logplex のトークンを入力します。
    • URL フィールドには、Fastly のサポートスタッフからの指示がない限り https://1.us.logplex.io/logs と入力してください。 
  4. Create ボタンをクリックすると、新しいログエンドポイントが作成されます。
  5. Activate ボタンをクリックして設定変更をデプロイします。
Back to Top