Compute@Edge ログストリーミング:LogDNA

Fastly の Compute@Edge サービスのリアルタイムログストリーミング機能では、LogDNAによる読み取りが可能な形式でログを送信するよう設定することができます。LogDNA はシステムやアプリケーションのログを 1 か所に集約するクラウドベースのログ管理システムです。

前提条件

Fastly Compute@Edge サービスのログエンドポイントとして LogDNA を追加する前に、以下の手順を行う必要があります。

  • LogDNA のアカウントをお持ちでない場合は、アカウントを作成してください。無料 (ただし制限付きのプラン) のアカウントを作成するか、またはより多くの機能を利用できるよう LogDNA のプランをアップグレードすることができます。
  • LogDNA のポータルで、アカウントに合わせたログソースの設定手順に従い、新規の LogDNA syslog ソースを設定します。設定完了時に syslog URL の末尾に表示されるポート番号を必ずメモしてください。Fastly のログエンドポイントとして LogDNA を設定する際に、このポート番号を入力する必要があります。

LogDNA をログエンドポイントとして追加する

  1. RustAssemblyScript、および JavaScript で書かれた Compute@Edge コードでログ記録を実行する方法に関する詳細については Fastly の開発者向けドキュメントをご覧ください。
  2. LogDNA (via Syslog) のCreate endpointボタンをクリックします。Create a Syslog endpoint ページが表示されます。
  3. 以下の要領でCreate a Syslog endpointページの各フィールドに入力します。
    • Name フィールドに、Compute@Edge コードに指定した名前を入力します。例えば、Rust コードの例では、名前は my_endpoint_name です。
    • Syslog addressフィールドにsyslog-a.logdna.comと入力します。コロンの後のポートフィールドには、LogDNA のアカウント設定時にメモした LogDNA のポート番号を入力します。
    • TLSメニューからYesを選択して syslog エンドポイントの暗号化を有効にします。TLS Hostname と TLS CA Certificate のフィールドが表示されます。
    • TLS Hostnameフィールドにはsyslog-a.logdna.comと入力します。これは Fastly が syslog サーバーの証明書を検証するために使用するホスト名です。
  4. Create a Syslog endpointページのAdvanced optionsをクリックし、必要に応じてオプションフィールドを変更します。
  5. Create a Syslog endpointページのAdvanced optionsに以下のように入力します。
    • これは、Syslog 設定と互換性がある必要があります。Select a log line format のセクションで、ログメッセージのログライン形式を選択します。詳細については、ログライン形式の変更に関するガイドをご覧ください。
  6. Create ボタンをクリックすると、新しいログエンドポイントが作成されます。
  7. Activate ボタンをクリックして設定変更をデプロイします。

エンドポイントを作成してサービスをデプロイすると、数秒後に LogDNA アカウントにログが表示され始めます。

推奨されるログ形式

ログメッセージは、選択した任意の形式で記録されることがあります。これは、上記で選択したログ行形式がLogDNAに送信され、LogDNAによって解析される行全体に影響を与えるためです。

Back to Top